セミナーイベント報告

先端バイオ技術情報提供先端バイテク情報の広場更新日:2017年1月20日

内閣府 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)次世代農林水産業創造技術「次世代機能性農林水産物・食品の開発」公開シンポジウム~夢の進展と社会実装

開催日時 2016年12月 5日(月)
13:00~18:00
会場 有楽町朝日ホール
参加人数 442名
主催 内閣府 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)次世代農林水産業創造技術「次世代機能性農林水産物・食品の開発」
共催 (国研)農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター
後援 農林水産省、経済産業省、スポーツ庁、(一財)バイオインダストリー協会、(公社)日本農芸化学会、(公社)日本生物工学会
備考

※本シンポジウムは、内閣府SIP「次世代機能性農林水産物・食品の開発」を構成する4つのコンソーシアム(「脳機能活性化コンソーシアム」、「身体・食品機能研究コンソーシアム」、「時間栄養・運動レシピ開発コンソーシアム」、「ホメオスタシス多視点評価システム開発グループコンソーシアム」)が主催致します。

SIPは、内閣府総合科学技術・イノベーション会議が指令塔機能を発揮して、府省の枠や旧来の分野を超えたマネージメントにより、科学技術イノベーションを発揮するために創設された国家プロジェクトである。
4つのコンソーシアム(「脳機能活性化コンソーシアム」「身体・食品機能研究コンソーシアム」「時間栄養・運動レシピ開発コンソーシアム」「ホメオスタシス多視点評価開発グループコンソーシアム」)からなる「次世代機能性農林水産物・食品の開発」の公開シンポジウムでは、研究成果の社会実装について、「農林水産物・食品の基礎研究とヒト介入試験研究」「食品因子の基礎研究とヒトへの橋渡し研究」「機器・技術開発」のテーマで報告がなされた。
    
(写真左より、野口 伸 氏、阿部 啓子 氏、山野井 昭雄 氏、会場風景)

 

担当:秋元、矢田

前のページへ戻る

▲ページトップ