セミナーイベント報告

先端バイオ技術情報提供”未来へのバイオ技術”勉強会 更新日:2017年6月19日

"未来へのバイオ技術" 勉強会「デジタルとIoTが広げる新たな食の可能性」

開催日時 2017年6月 2日(金)
14:00~17:00
終了後、交流会あり
会場 (一財)バイオインダストリー協会
参加人数 47名
主催 (一財)バイオインダストリー協会
協力・協賛 (一社)情報処理学会、(公社)日本生物工学会、(公社)日本農芸化学会、(一社)データサイエンティスト協会

黒沢氏のご講演では、食品工場にIoTソリューションをどう適用していくのか情報共有できた。 また見える化&視える化で取得した情報・解析結果をつなぎ、活用できることがIoTソリューションの真骨頂であることを示された。
古川先生の3Dプリンターの話はとても面白く、介護施設や家庭で、体調や好みにあった硬さ、形状、食感、見た目の食品を3Dプリンターで作る可能性など、食に対する夢の広がる講演で、参加者それぞれが今後の可能性に思いをめぐらせた。
橋本氏のご講演は、10のセンサと3つの通信モジュールから選択した差し替え可能なIoTデバイスを用いて、年間2000億円にも及ぶという生鮮食品の輸送中の破棄を減らすとのこと。 農業&物流における革命を起こす可能性を感じさせる講演であった。
参加者との具体的なコラボレーションが実現することを期待したい。

   
(写真は左から、黒沢 潤 氏、古川 英光 氏、橋本 司 氏)

【講演資料】  ※閲覧は会員限定となっております

「食品工場の更なる安心・安全に向けたIoTソリューション」
  黒沢 潤 氏(横河ソリューションサービス(株) インダストリアルソリューションセンター2部 Gr長)
 ●配布資料(PDF:5.8MB)はこちら

「食品用3Dゲルプリンタを用いた個別化メニューの提供 ~高齢者や嚥下障害の方に食べる楽しみのある未来を」
  古川 英光 氏(山形大学大学院理工学研究科 教授)
 ●配布資料(PDF:65.6MB)はこちら

「生鮮食品のフードバリューチェーンを強化するIoTソリューション」
 橋本 司 氏((株)スカイディスク 最高経営責任者CEO)
 ●配布資料(PDF:1.3MB)はこちら

 

担当:矢田

前のページへ戻る

▲ページトップ