「バイオサイエンスとインダストリー」バックナンバー 目次と抄録

2015年 VOL.73 NO.3

     

巻頭言 バイオテクノロジーとパブリックアクセプタンス 大石道夫
目で見るバイオ 細胞内レドックス状態の可視化によるレドックスモジュレーターの探索 寳関 淳・阪井康能
  キーワード:疾患モデル、レドックス異常、Redoxfluor、レドックスモジュレーター
解  説 IR/MAR 遺伝子増幅法の開発と組換えタンパク質生産への応用 清水典明
  IR/MAR gene amplification technology and its application to recombinant protein production
 哺乳動物での複製開始に必要な配列(IR とMAR)を持つプラスミドは、極めて効率よく動物細胞内で遺伝子増幅する。この方法の発見、原理、特徴と、バイオ医薬品等の組換えタンパク質生産へ応用した際の利点について解説する。
  キーワード:IR/MAR 遺伝子増幅法、組換えタンパク質生産、バイオ医薬品、染色体外因子
プロテアソーム阻害が引き起こすレドックス異常と抗酸化食品成分による抑制  寳関 淳・阪井康能
  Redox aberration caused by proteasome inhibition and its suppression by food ingredients
 レドックス可視化プローブを用い、疾患に伴うレドックス異常を正常化する化合物を同定し、その作用機序からレドックス異常の細胞内機序を解明する。老化のモデル細胞としてプロテアソームを阻害した培養細胞を取り上げる。
  キーワード:蛍光レドックスプローブ、レドックスモジュレーター、プロテアソーム、細胞死、ミトコンドリア
プレニル化はフラボノイドの機能性を増強する  向井理恵・寺尾純二
  Prenylation enhances biological functions of flavonoids
 フラボノイドのプレニル化は生物活性が上昇するため、フラボノイドの高機能化戦略として注目されている。新規薬剤や機能性食品開発の技術として発展させるために必要な、フラボノイドのプレニル化に関する知見を報告する。
  キーワード:機能性食品、プレニルフラボノイド、ポリフェノール、生体利用性
耐病性を向上させた次世代イネの作出に向けて  山口公志・川崎 努
  Toward production of next-generation rice plants showing enhanced resistance to pathogens
 イネの免疫抑制能を有するイネ白葉枯病菌のタンパク質が標的とする宿主因子の探索から、イネの新規免疫因子を発見し、それらの機能解析を通じて、未解明だった植物の免疫システムを明らかにした。
  キーワード:植物免疫、イネ白葉枯病菌、エフェクター、耐病性イネ、受容体型細胞質リン酸化転移酵素
機能性高分子を利用した多能性幹細胞の新規三次元培養法  尾辻智美・中辻憲夫
  A novel 3D culture system using functional polymers for large-scale production of human pluripotent stem cells
 多能性幹細胞の再生医療や創薬研究への実用化・産業化には、大量培養技術の確立が必要である。本稿では、機能性高分子の利用による撹拌を必要としない新規大量培養法について解説する。
  キーワード:多能性幹細胞、大量培養法、再生医療、実用化・産業化
大気中から主要栄養源を取り入れる超低栄養性細菌―その炭素および窒素代謝  吉田信行・矢野嵩典・湯不二夫・高木博史
  An extreme oligotroph that can utilize principal nutrient sources from atmosphere
 備蓄原油中から単離したRhodococcus erythropolis N9T-4 株は、炭素・窒素・硫黄源を除いた培地に良好に生育する超低栄養性細菌である。本稿では、最近明らかにされつつある本菌の炭素・窒素代謝について紹介する。
  キーワード:超低栄養性細菌、ロドコッカス属細菌、二酸化炭素、アルデヒド、アンモニア
トピックス マスカット・ベーリーA の特徴香を引き出すブドウ栽培およびワイン醸造  小林弘憲・佐々木佳菜子
  Viticulture and winemaking for producing varietal aroma in Muscat Bailey A
  キーワード: 特徴香、フラネオール、マスカット・ベーリーA、ワイン
乳酸菌の2本鎖RNA による免疫恒常性維持  川島忠臣・辻 典子
  Double-stranded RNA of lactic acid bacteria mediates immune homeostasis
  キーワード:乳酸菌、2 本鎖RNA、インターフェロンβ、抗炎症
未培養微生物の代謝活性を検出する超高感度安定同位体プローブ法の開発  青柳 智・堀 知行
  Stable isotope probing with ultra-high-sensitivity to elucidate metabolic functions of uncultured microorganisms in natural environments
  キーワード:rRNA-SIP、次世代シークエンス、T-RFLP
人工分子と生体分子の組み合わせからつくる刺激応答性ヒドロゲル  池田 将
  Stimuli-responsive hydrogels constructed from artificial–and bio-molecules
  キーワード:刺激応答性材料、自己集合、ヒドロゲル
第3の生体触媒の発見~放線菌由来二次代謝産物アクチノロージンは有機触媒である~  西山辰也・橋本義輝・小林達彦
  Discovery of the third biocatalyst ~ Actinorhodin, a secondary metabolite from actinomycetes, is an organocatalyst ~
  キーワード:アクチノロージン、有機触媒、生体触媒、放線菌、オキシダーゼ
ソバのフラボノイドC-配糖化酵素の同定と利用  田口悟朗
  Identification of flavonoid C-glucosyltransferases from buckwheat and their application
  キーワード:フラボノイド、C-配糖体、C-配糖化酵素、生体触媒、ソバ
バイオの窓 阻止円を覗きながら 善藤威史
産業と行政 微生物ゲノムde novoアセンブリの最前線 中村昇太
九州学生本格焼酎プログラム(QSP)について 林 圭・伊南敏雄・竹川 薫・鮫島吉廣・水光正仁
国際医療交流(メディカルツーリズム)、ヘルスツーリズムの産業化における現況と課題 髙橋伸佳
北海道民の遺伝子組換え作物の受容性について 冨田房男
国際動向 シリーズ:グローバル連携 ④ ペンシルベニア州のライフサイエンス産業 Craig Lincoln Tucker
JBAニュース バイオエンジニアリング研究会講演会「バイオ医薬品製造における新展開」
ヘルスケア研究会の設立と2014 年度活動紹介
機能性食品研究会活動紹介
書 評 基礎から学ぶ生物化学工学演習 早川 敦
「科学のとびら」シリーズ58
生き物たちの化学戦略 ―生物活性物質の探索と利用―
依田幸司
会員の動き  
次号予告   
2015 年度 トピックス委員   
編集後記   

バックナンバー一覧へ戻る

▲ページトップ