ホーム > 資料室 > JBAのこれまでの活動 > 2012年の活動 > 政策情報セミナー「ライフ・イノベーションの一体的な推進について」

セミナーイベント報告

政策提言・政策対話更新日:2012年9月11日

政策情報セミナー「ライフ・イノベーションの一体的な推進について」

開催日時 2012年8月22日(水)
終了後、交流会あり
会場 (一財)バイオインダストリー協会
共催 (一財)バイオインダストリー協会(JBA)、日本バイオ産業人会議(JABEX)

科学技術に関する施策の柱として「ライフ・イノベーション」と「グリーン・イノベーション」が掲げられている。ライフ・イノベーション関連の政策として、3月9日に厚生労働省から「ライフ・イノベーションの一体的な推進について」が発表され、6月6日には「医療イノベーション5か年戦略」が医療イノベーション会議で策定された。

今回は「医療イノベーション5か年戦略」に沿って、厚生労働省で取り組む施策について講演頂き、その後に意見交換を行った。

厚生労働省大臣官房厚生科学課 林 研究事業推進専門官からは、「医療イノベーション5か年戦略における創薬支援の考え方」の演題で、我が国における医薬品開発の現状と課題、創薬支援の概念と海外の取り組み、求められる医療イノベーションと創薬支援、創薬支援ネットワークの構築と今後の課題について講演頂いた。とくに、創薬支援ネットワークについては創薬に対してのアカデミアと製薬企業の認識の相違も含めて、クリアしなければならない課題にポイントを置いて詳細にわたる内容であった。

次に、厚生労働省医薬食品局審査管理課 宮田課長補佐からは、「医薬品・医療機器および新しい医療技術の承認審査の迅速化に関する施策について」の演題で、臨床研究・治験に関する経緯、ドラッグラグ、薬事戦略相談、PMDAの審査体制、GDPの運用等について説明があった。

講演後の総合討論では多くの意見交換がなされ、セミナーは盛会に終えた。

内   容:
15:00~15:05 開講挨拶
15:05~16:05 講演
「医療イノベーション5か年戦略における創薬支援の考え方」
厚生労働省大臣官房厚生科学課 研究事業推進専門官    林 昇甫

16:05~17:05 講演
「医薬品・医療機器および新しい医療技術の承認審査の迅速化に関する施策について」
厚生労働省医薬食品局審査管理課 課長補佐     宮田 俊男
   こちら:PDF6.2MB 会員限定資料

17:05~17:35 総合討論
17:40~18:35 交流懇親会(於:バイオインダストリー協会)

120822_seisaku_hayashi.jpg 120822_seisaku_miyata.jpg
[写真:(左)林専門官(右)宮田課長補佐]

 

担当:岡本

前のページへ戻る

▲ページトップ