JBAのセミナー動画配信サービス

JBAのセミナー・講演会に関心はあるがなかなか行けない、都合が合わずに参加できなかった、という声にお応えし、法人会員向け(特別会員・協賛会員・一般会員・ベンチャー会員・公共会員)に動画配信サービスを行っています。
現在視聴可能なプログラムは以下に記載してあります。是非お試し下さい。なお、お申し込みはセミナーごとになっております。

【ご注意】
FLASHを使用しているため、通信環境によってはご覧いただけない場合があり、その場合にはご自宅等での視聴をお勧めしています。(動画サイズ: 640×360ピクセル(固定))

 

お申し込みはこちら

現在のプログラム

* 視聴可能期間:お申込受理~2017年3月末日まで
   一度お申込いただければ、この期間に繰り返しの視聴が可能です。
* それぞれのセミナー報告はセミナー・イベント一覧ページの報告よりご覧下さい。

ヘルスケア研究会 分科会3会合(第1回)(2017.1.30) New!

「デジタルヘルスの経営戦略」 部坂 英夫 氏
(ヘルスグリッド(株) 代表取締役社長)
「デジタルヘルスによるインセンティブ型施策の推進」 森 薫 氏
(ヘルスグリッド(株) 執行役 最高技術責任者)

CRISPR-Casの特許とライセンシングを巡る最近の動向(2017.1.25) New!

「CRISPR-Cas技術に関する最近の特許情報」 白江 英之 氏
((一社)バイオ産業情報化コンソーシアム 戦略企画本部 担当部長)
「Status of CRISPR Patent Interference in the U.S (CRISPR-Cas技術をめぐる米国における特許係争の状況)」 Philippe Y. Riesen 氏
(Foley & Lardner LLP (フォーリー・ラードナー法律事務所))
「CRISPR Claiming Strategies (CRISPR-Cas技術における権利請求戦略)」 Kristel Schorr 氏
(Foley & Lardner LLP)
「CRISPR Licensing Terms (CRISPR-Cas技術のライセンシング条項)」 Stephen B. Maebius 氏
(Foley & Lardner LLP)

カルタヘナ法相談会-カルタヘナ法の概要と研究開発・産業利用の留意点及び運用改善の周知-【東京会場】 (2017.1.24) New!

「カルタヘナ議定書及び生物多様性条約に関する最新の国際議論動向」 小林 麻子 氏
(経済産業省 商務情報政策局 生物化学産業課 生物多様性・生物兵器対策室 課長補佐)
「医薬品分野での第二種使用等に関する法規制について」 石川 由 氏
(厚生労働省医薬・生活衛生局 医療機器審査管理課 再生医療等製品審査管理室 主査)
「カルタヘナ法第二種産業使用(鉱工業等)の概要について」 末廣 祥平 氏
(経済産業省 商務情報政策局 生物化学産業課 生物多様性・生物兵器対策室 審査係)
「第二種使用等(鉱工業等)の申請書の記載方法について」 小林 弘奈 氏
((独)製品評価技術基盤機構 バイオテクノロジーセンター 安全・解析課 安全審査室 職員)

ヘルスケア研究会講演会および 分科会2会合(第1回)(2017.1.18) New!

「開会あいさつ」 大家 利彦 氏
(ヘルスケア研究会分科会2会長/(国研)産業技術総合研究所 生命工学領域研究戦略部 イノベーションコーディネータ)
「健康長寿社会の構築に向けたフレイル・サルコペニアの意義」 荒井 秀典 氏
((国研)国立長寿医療研究センター 副院長)
「新たなポピュレーションアプローチとしての体験型健康医学教室(ツミノリースタイル)の実践とその効果」 山下 積徳 氏
((株)True Balance 代表取締役)

"未来へのバイオ技術" 勉強会「青藍(あい)の時代:色素が癒やす腸疾患」(2017.1.12) New!

「藍染めの概要とインディゴ系色素の挙動」 牛田 智 氏
(武庫川女子大学 生活環境学部 生活環境学科 教授)

バイオエンジニアリング研究会公開講演会「再生医療のエンジニアリング」(2016.12.13)

開会挨拶 関 実 氏
(千葉大学副学長 教授 バイオエンジニアリング研究会 会長)
【基調講演1】「再生医療における細胞製造」 紀ノ岡 正博 氏
(大阪大学工学研究科生命先端工学専攻 教授)
「自家培養軟骨ジャックの開発と製品化への道のり」 菅原 桂 氏
((株)ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング 再生医療事業(軟骨領域)開発最高責任者)
【基調講演2】「再生医療に向けたハード面(機器/容器)のアプローチ」 渡邉 可奈子 氏
((独)医薬品医療機器総合機構 再生医療製品等審査部 審査専門員)

ヘルスケア研究会 分科会1 第1回会合 (2016.10.24)

「個人の健康・医療情報を活用した行動変容に向けた実証事業」 植木 貴之 氏
(経済産業省 商務情報政策局 ヘルスケア産業課 課長補佐)

機能性食品研究会講演会(第2回) (2016.9.21)

「食品安全マネジメント協会(JFSM)設立の目的と活動内容について」 前鶴 俊哉 氏
((一財)食品安全マネジメント協会理事 (日本製粉(株)生産・技術本部))

ヘルスケア研究会 第9回 (2016.8.25) 

挨拶 塚本 芳昭
((一財)バイオインダストリー協会 専務理事)
「医療と産業の連携による新産業創出の可能性」 渡辺 慎哉 氏
(福島県立医科大学 医療-産業トランスレーショナルリサーチセンター センター長 教授)

"未来へのバイオ技術" 勉強会「植物が鍵を握る産業連関~農業、医薬、食品、化 粧品」(2016.7.25) 

「植物と動物の交信を応用した農業の革新~植物寄生性センチュウの防除と農作物の 大幅な増産」 澤 進一郎 氏
(熊本大学大学院 自然科学研究科 教授)

バイオエンジニアリング研究会 講演会「シングルユース技術のプロセスシステム化」(2016.7.20)

「シングルユーステクノロジーの新展望」 石渡 孝至 氏
(サーモフィッシャーサイエンティフィック(株) ラボプロダクツ事業 本部)
加藤 裕一 氏
(ライフテクノロジーズジャパン(株) バイオプロダクション事業部)
「バイオ医薬品生産に関わる世界のプロジェクトとその動向」 大政 健史 氏
(大阪大学大学院 工学研究科 生命先端工学専攻 教授)
「挨拶」 菅谷 和夫 氏
((株)IHIプラントエンジニアリング 顧問/バイオエンジニアリング研究会 副会長)

機能性食品研究会講演会(第1回)(2016.6.27)

「食品由来天然物からの心疾患予防治療剤の開発」 森本 達也 氏
(静岡県立大学 薬学部分子病理学 教授)
「TNO(オランダ応用科学研究機構)における食と健康のイノベーション」 西出 香 氏
(TNOオランダ応用科学研究機構 Business Development Manager)

"未来へのバイオ技術" 勉強会「美味しさの尺度と可視化」(2016.6.22)

「おいしさの構造と数式化の試み」 伏木 亨 氏
(龍谷大学農学部 食品栄養学科 教授)
「「美味しい」を測る画像計測」 加藤 邦人 氏
(岐阜大学工学部 電気電子・情報工学科情報コース 准教授)

"未来へのバイオ技術" 勉強会「ヒト幹細胞からのオルガノイド作製と今後の展望」(2016.6.14)

「ヒト多能性幹細胞からの機能的視床下部・脳下垂体構築」 須賀 英隆 氏
(名古屋大学 医学部付属病院 糖尿病・内分泌内科 病院助教)

"未来へのバイオ技術" 勉強会「幹細胞の創薬利用と産学連携」(2016.5.25)

「iPS細胞技術ビジネス:大学と事業会社のギャップを埋めるビジネスの重要性」 中島 秀典 氏
((株)iPSポータル 取締役 リサーチ&サービス事業部長)

"未来へのバイオ技術" 勉強会「コスメティック・サイエンス~お肌に潤い、心に癒しを」(2016.4.26)

「今、女性が求めるコスメとは。~“肌の悩み”と“なりたい肌”」 オーガナイザー:中野 恵子 氏
(日経BPコンサルティング 企画出版本部 チーフプロデューサー)
「コラーゲン産生を促進するアンチエイジング化粧品の開発と展望」 湯浅(小島) 明子 氏
(大阪市立大学大学院生活科学研究科 准教授)

"未来へのバイオ技術" 勉強会「健康食の今昔」(2016.4.21)

「落語に見る江戸の健康食」 菅野 俊輔 氏
(江戸文化研究家)

"未来へのバイオ技術"勉強会「TPP時代の食の安全・トレーサビリティの確保と世界戦略」(2016.3.24)

「食品のグローバル戦略とリスクコミュニケーション」 有路 昌彦 氏
(近畿大学農学部水産学科経営学研究室)

"未来へのバイオ技術"勉強会「コンピュータは、ゲームで人を超えられるか?」(2016.3.28)

「棋士の直観思考の脳メカニズム」 田中 啓治 氏
(理化学研究所 認知機能表現研究チーム)
「囲碁を使って健康づくり!認知症の予防と改善を目指して」 飯塚 あい 氏
(東京都健康長寿医療センター研究所 社会参加と地域保健研究チーム)

"未来へのバイオ技術"勉強会「バイオ素材百花繚乱8~革新的なバイオ化成品生産技術」(2016.3.11)

「最新の微生物改良を利用したバイオマスからの3-ヒドロキシプロピオン酸とn-ブタノール生産」 向山 正治 氏
((株)日本触媒 基盤技術研究所)
「リグニンからバイオプロセスにより誘導されるプラットフォームケミカル 2ピロン 4,6-ジカルボン酸(PDC)の生産と利用技術開発」 中村 雅哉 氏
((国研)森林総合研究所 きのこ・微生物研究領域微生物工学研究室 室長)

ゲノム編集技術の最近の動向と規制・特許について(2016.3.14)

「ゲノム編集の基本原理と研究動向」 山本 卓 氏
(広島大学大学院理学研究科 数理分子生命理学専攻 教授)
「新しい育種技術(NBT)をめぐる国際的規制動向」 立川 雅司 氏
(茨城大学 農学部 地域環境科学科 教授)

ヘルスケア研究会 第8回(2016.3.9)

開会挨拶 湯元 昇 氏
(ヘルスケア研究会 会長、(独)産業技術総合研究所 フェロー)
「日本バイオ産業人会議(JABEX)による2030年のバイオ産業のビジョン」 坂元 雄二 氏
(日本バイオ産業人会議)
「未病サミット神奈川の取り組みについて」 有泉 尚英 氏
(神奈川県 ヘルスケア・ニューフロンティア推進局 健康・未病産業グループ 未病サミット担当課長)
「ヘルスケア研究会の活動状況」 岸本 利光
((一財)バイオインダストリー協会 ヘルスケア研究会事務局)

先端技術情報部会 講演会(2016.2.10) 

挨拶 五十嵐 泰夫 氏
(東京大学名誉教授、中国西南大学資源環境学院 主任教授)
「創薬における産学連携を活性化するために~東大での経験から~」 加藤 益弘 氏
(東京大学 トランスレーショナル・リサーチ・イニシアティブ(TR機構) 特任教授)

カルタヘナ法説明会「カルタヘナ法の概要と研究開発・産業利用の留意点及び運用改善の周知」(2016.1.22)

「名古屋・クアラルンプール補足議定書及び名古屋議定書について」 鳴瀬 陽 氏
(経済産業省商務情報政策局 生物化学産業課 生物多様性・生物兵器対策室 課長補佐)
「カルタヘナ法に基づく研究開発段階における第二種使用等について」 新井 冴輝 氏
(文部科学省研究振興局 ライフサイエンス課 生命倫理・安全対策室 事務官)
「医薬品分野での第二種使用等に関する法規制について」 荒川 裕司 氏
(厚生労働省医薬・生活衛生局 医療機器・再生医療等製品担当参事官室 再生医療等製品基準係長)
「カルタヘナ法第二種産業使用(鉱工業等)の概要について」 武部 文美 氏
(経済産業省商務情報政策局 生物化学産業課 生物多様性・生物兵器対策室 審査係長)
「第二種使用等(鉱工業等)の運用改善と申請書の記載方法について」 資延 淳二 氏
((独)製品評価技術基盤機構 バイオテクノロジーセンター 安全・解析課安全審査室 主任)

 

▲ページトップ