一般財団法人 バイオインダストリー協会

JBA

JBAの活動

植物等の生物を用いた高機能品生産技術の開発「高生産性微生物創製に資する情報解析システムの開発/糸状菌を用いた有用タンパク質同時生産制御による有効性検証」

[委託元] 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
[事業期間] 平成28年度~令和2年度

平成28年7月1日付、国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「植物等の生物を用いた高機能品生産技術の開発」に係わる事業に応募した結果、採択されました。

近年、バイオテクノロジーの発展に伴い、植物や微生物等の生物を用いた物質生産技術が注目されており、全世界で関連市場が今後急速に拡大していくと予想されています。これに対して現在、欧米を中心にその市場獲得に向けた取り組みが進められているところであり、我が国の競争力確保のためには、情報技術を利用した合理的な遺伝子設計と、大規模な遺伝子組換えの融合による我が国独自の技術構築が必要となります。

本事業では、遺伝子設計に必要となる精緻で大規模な生物情報を高速に取得するシステム、細胞内プロセスの設計、ゲノム編集などを産業化するための技術開発を行い、これらを利用して植物等による物質生産機能を制御・改変することで、省エネルギー・低コストな高機能品生産技術の確立を目指します。

NEDOスマートセルプロジェクト

   日本語サイト こちら  / 英語サイト 構築中

2020年度


NEDOスマートセルプロジェクト アウトリーチ活動

本プロジェクトにおいてこれまで開発された要素技術およびその要素技術を用いた有効性検証等について、機関誌「バイオサイエンスとインダストリー」に連載(Vol.77 No.4~Vol.78 No.5)した記事を1冊にまとめました。

「バイオサイエンスとインダストリー(B&I)」誌抜粋版(2019年~2020年)
「植物等の生物を用いた高機能品生産技術の開発」事業 高生産性微生物創製技術とその応用例 (HTML5版で開きます)

2019年度


NEDOスマートセルプロジェクト技術セミナー「スマートセル創出プラットフォームの構築と実証」

第1回 微生物利用による物質生産(技術総論、芳香族化合物・油脂事例)
【日時】 2019年9月24日(火) 10:30~17:00
【場所】 御茶ノ水ソラシティ・カンファレンスセンター(東京)
【資料】 第1回要旨集 (HTML5版で開きます)

第2回 微生物利用による物質生産(技術紹介、有用酵素・色素事例)
【日時】 2019年11月21日(木) 13:00~17:30
【場所】 TKPガーデンシティ PREMIUM京橋(東京)
【資料】 第2回要旨集 (HTML5版で開きます)

NEDOフェスタin関西 2019
第3回 微生物利用による物質生産(技術総論、芳香族化合物・油脂事例)
【日時】 2019年12月18日(火) 10:30~16:30
【場所】 グランフロント大阪北館・ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター(大阪)
【資料】 第3回要旨集 (HTML5版で開きます)

ページトップへ戻る