一般財団法人 バイオインダストリー協会

JBA

JBAの活動

知的財産委員会

バイオインダストリーの技術開発において研究成果の権利保護は産業形成のためにも重要です。平成元年JBA発足時より国内外の動向の把握、現状の問題点の把握、会員相互の意見調整と集約を目的として、知的財産権分科会が設置されました。更に政策提言活動の強化や知的財産関連委員会・調査会への支援、動向調査の充実を目指し、平成20年知的財産委員会に呼称変更し、ワーキンググループでの課題検討や講演会等活発な活動を行っています。

知的財産(知的財産委員会、知的財産合同検討委員会)

知的財産委員会では、日本製薬工業協会(製薬協)、日本食品・バイオ知的財産権センター、医学系大学産学連携ネットワーク協議会等のライフサイエンス関連団体と協同しながら、①特許庁への意見表明、②ワーキンググループによる、知的財産権強化や知財の活用と事業化促進に関わる自主研究活動、③知財関連講演会・セミナーの開催等の活動を通して、会員企業の知財活動を側面から支援しています。食品の用途発明を認める審査基準改訂(2016年)は、これらの取り組みにおける最近の成果の一つと言えます。

ページトップへ戻る