一般財団法人 バイオインダストリー協会

JBA

JBAの活動

企業からの研究・開発提携等の募集情報

JBA会員企業(事業会社、ベンチャー企業)が主にアカデミア、ベンチャー企業、異業種企業等を対象に実施している、研究シーズ、共同研究等の募集情報の一覧となります。企業との共同研究・協業・ライセンス等をご検討される際の参考としてご活用下さい。

>>> 会員ビジネスダイレクトリーのトップページに 戻る

旭化成ファーマ株式会社

Asahikasei_logo.png 旭化成ファーマ株式会社は、創薬や技術研究のフィールドで、世界の人びとの"いのち"と"くらし"により広く、深く貢献したいと考えております。弊社は、国内外からの導入や提携を推進・強化をするために、前臨床段階までの新薬候補化合物や、創薬に関する最先端技術の導入、提携および共同研究などのオープンイノベーション活動を推進しています。
 旭化成ファーマ株式会社はオープンイノベーションの取組みの一環として、国内の大学や研究機関、企業の皆さまとの協業による医薬品の研究開発を促進するために、昨年度と同様に、今年度も創薬に関する研究の公募を実施しますので、お知らせします。
旭化成ファーマ株式会社公募サイト: こちら

公募プログラム 【A-COMPASS】
・募集期間: 2021年1月7日(木)14:00(日本標準時)~2021年2月9日(火)17:00(日本標準時)
・募集テーマ概要:旭化成ファーマの注力領域における新規創薬シーズ(新規創薬標的分子または医薬品候補物質)
    • 神経変性疾患治療における新規創薬標的分子、又は医薬品候補物質
    • 自己免疫疾患治療における新規創薬標的分子、又は医薬品候補物質、あるいはコンセプト・アイデア
    • 救急領域における新規創薬標的分子、又は医薬品候補物質
    • 骨系統の難病・希少疾患における医薬品候補物質
    • 軟骨の難病・希少疾患における医薬品候補物質
    • 関節軟骨の損傷・変性治療に対する医薬品候補物質
    • 筋疾患治療における新規創薬標的分子、又は医薬品候補物質
A-COMPASS公募案内は こちら (PDF 167KB)
A-COMPASSリーフレットは こちら (PDF 1.24MB)

旭化成ファーマのトップへ戻る

EAファーマ株式会社

EApharma_logo.jpgEAファーマ株式会社は、消化器領域における日本発のスペシャリティ・ファーマとして、消化器疾患に苦しむ患者様に寄り添い、患者様とそのご家族に幅広くソリューションを提供するヒューマンヘルスケア(hhc)企業を目指しています。私たちは患者様の更なる医療ニーズに応えるべく消化器疾患に関わる創薬探索研究、開発研究ならびに創薬基盤技術研究に関する連携・共同研究を希望し、創薬研究パートナーの募集をしています。
EAファーマwish list: こちら (PDF 863KB)
EAファーマwish list キーワード: こちら (PDF 1.27MB)

創薬・創薬標的候補公募 【創薬候補および創薬標的候補プロジェクト】
・募集期間: 2019年5月7日(火)~2019年7月31日(水)
・募集分野: 炎症性腸疾患(IBD)、非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)、膵炎、過敏性腸症候群(IBS)、NSAID起因性小腸粘膜傷害、他疾患の治療による消化管副作用、およびがんを除く治療満足度が満たされていない消化器系疾患に対して治療効果が期待される創薬候補、創薬標的候補(詳細はこちらを参照)
疾患基礎技術公募 【疾患基礎技術プロジェクト】
・募集期間: 2019年5月7日(火)~2019年7月31日(水)
・募集分野: 非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)、膵炎、過敏性腸症候群(IBS)、NSAID起因性小腸粘膜傷害に対する動物モデル・技術・バイオマーカー・評価技術・医療機器・スマートフォン用アプリケーションなどのITソリューション(詳細はこちらを参照)

EAファーマのトップへ戻る

合同酒精株式会社

oenon_logo.jpgオエノングループの合同酒精株式会社は、長年培ったバイオ技術・発酵技術を駆使し、酒類事業の他、酵素医薬品事業を展開(https://www.oenon.jp/enzymes/)しているメーカーです。
ユニークな製品を製造販売するだけでなく、発酵生産関連の受託事業(生産支援ビジネス)にも注力しています。

共同研究募集1 img_boshu.jpg弊社製品の利用を目的にした研究を共同で実施していただける先を募集します。

※参照リンク → こちら
共同研究募集2 img_boshu.jpg発酵工学分野に注力されている大学機関や公的研究機関との共同研究を募集しています。

※お問い合わせ
合同酒精株式会社 酵素医薬品事業部
〒271-0064 千葉県松戸市上本郷字仲原250
TEL:047-705-7795 FAX:047-705-7798

合同酒精のトップへ戻る

第一三共株式会社

DS_logo_4c_jp_slogan.jpg第一三共株式会社は、オープンイノベーション活動について、外部創薬ネットワークの拡大及び多様なイノベーションソースの確保を目指した、多くの取り組みを行なっています。
これらの取り組みを通じて、競争力のあるパイプライン、革新的医薬品の迅速かつ継続的な創出を目指しています。
オープンイノベーションサイト こちら

TaNeDS taneds_logo.jpg共同研究公募プログラム:TaNeDS
・募集期間: 2021年7月5日(月)~8月30日(月)
・募集分野
    • 創薬技術研究 <新規モダリティ、DDS・ターゲッティング、抗体治療、遺伝子治療、細胞治療、安全性予測 など>
    • 創薬標的の探索・検証研究 <がん、精神・神経疾患、希少疾患、免疫関連疾患、眼疾患、心疾患、感染症 など>
    • 第一三共のモダリティ技術活用研究
・TaNeDS公募ページは こちら
・TaNeDSリーフレット こちら (PDF 2.76MB)
 TaNeDS2020_leaflet_F.jpg

第一三共のトップへ戻る

大日本住友製薬

PRISM_logo.jpg大日本住友製薬株式会社は、精神神経領域、がん領域および再生・細胞医薬分野を研究重点領域として、自社研究に加え、技術導入、ベンチャー企業やアカデミアとの共同研究など、あらゆる方法で最先端の技術を取り入れて研究開発活動に取り組み、優れた医薬品の継続的な創製を目指しています。
この目標を達成するために、弊社では、2015年度より公募プログラムPRISM( Partnership to Realize Innovative Seeds and Medicines)を実施しております。
PRISM2021は、研究ニーズ提示型のみで実施いたします。

PRISM HP: https://www.ds-pharma.co.jp/prism/
PRISM リーフレット: こちらをクリックください
   DS_pharma_QR.png

公募プログラム1 img_boshu.jpg【PRISM 研究ニーズ提示I型】
・募集期間: 2021年5月10日(月)~6月30日(水)17:00まで
・募集分野: 精神神経領域、核酸医薬、バイオマーカー、評価技術、デバイス
・募集要項: こちら
・応募フォーム: こちら
・募集テーマ:
    • 21N01 アンチセンス核酸医薬の創薬標的遺伝子および当該遺伝子評価が可能な病態モデルの構築
    • 21N02 小脳機能を評価するためのバイオマーカー
    • 21N03 非侵襲的なニューロモジュレーションまたはバイオフィードバックなどにより生理現象を制御する医療応用が可能な技術
公募プログラム2 【PRISM 研究ニーズ提示II型】
・募集期間: 定めない(随時募集し、ニーズが満たされれば終了)
・募集分野: 精神神経領域、核酸医薬、バイオマーカー、評価技術、デバイス
・募集要項: こちら
・応募フォーム: こちら
・募集テーマ: 2021年6月30日公開予定

大日本住友製薬のトップへ戻る

武田薬品工業株式会社

COCKPI_T_logo.pngタケダは、「優れた医薬品の創出を通じて人々の健康と医療の未来に貢献する」というミッションのもと、常に革新に挑み、あらゆる可能性を追求していきます。
このミッションを達成するためには、多くの社外研究者との協業が重要と考えます。そこで、皆さまとの連携の機会を効果的に見出すため、オープンイノベーションプラットフォームをご提供し、生命科学発展に貢献します。そしてこれらのイニシアチブを通じ、患者さんの生活を改善する新規治療薬の発見に努めていきます。

COCKPI-T® Funding img_boshu.jpgCOCKPI-T® Funding
・募集期間: 2021年6月1日(火)~7月29日(木)17:00まで
・募集分野: ニューロサイエンス研究、がん、免疫研究、再生医療研究、創薬研究技術
 ※アイデアレベルを含む初期研究段階の研究計画をご提案いただきます。弊社のニーズと合う選定案件に対して研究費をご提供し、実現性検証試験をサポートいたします。詳細はwebsiteをご参照ください。
・研究費: 800万円程度/件
 ※当社および当社子会社が保有する創薬関連資産・技術を提供する場合がございます。
・研究期間: 原則1年間
・募集サイト: こちら
・募集ポスター: こちら
COCKPI-T® Screening img_boshu.jpgCOCKPI-T® Screening
・募集期間: 通年
・募集分野: 神経・精神系疾患
 ※ヒトの病態を反映する化合物スクリーニング可能なアッセイ系をご提案いただきます。当社で化合物スクリーニングを実施し、その結果を報告いたします。
SKIT Open Innovation img_boshu.jpgSKIT Open Innovation
・募集期間: 通年
・募集分野: 神経精神疾患、消化器系疾患、がん免疫、免疫機能・免疫細胞
 ※当社が所有する選択的プロテインキナーゼ阻害化合物(「SKITライブラリ」)を提供いたします。上記の疾患および免疫機能・細胞に関する細胞系表現型アッセイを募集いたします。

武田薬品工業のトップへ戻る

日本新薬株式会社

NS_partnering.jpg日本新薬では、泌尿器科、血液内科、難病・希少疾患、婦人科の4領域を注力領域として、アンメットメディカルニーズ疾患に対して、薬剤標的の探索などを目的としたアカデミアとのオープンイノベーションの推進、核酸医薬品をはじめとする新たな技術の開発などに積極的に取り組んでいます。
日本新薬 研究開発パートナリングHP:http://www.nippon-shinyaku.co.jp/research/

パートナリング募集 img_boshu.jpg【注力領域(泌尿器科、血液内科、難病・希少疾患、婦人科)、核酸医薬に関するパートナリング募集】
・募集期間: 通年
・募集分野: 注力領域における創薬シーズ、標的分子、創薬技術などを探しております。詳細は『募集領域・技術』をご参照ください。
・応募フォーム:  こちら

日本新薬のトップへ戻る

日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社

nbi_v2b_j_jpg.jpg べーリンガーインゲルハイムはドイツに本社を置くグローバル製薬企業で、「イノベーションによる価値の創出」を目指して130年以上にわたり、医療用医薬品と動物用医薬品において革新的な医薬品を提供してきました。また研究開発主導型製薬企業として、未だ満たされていない治療ニーズを満たす、新しい医薬品と治療法を開発し続けています。一方、イノベーションを生み出すことは一企業の限られた研究者のみによって生み出されるものではなく、世界中の数多くの研究者と結びつくことで初めて成し得ることであると私どもは認識しております。
 日本からは世界でもトップクラスの研究成果が数多く生み出されており、BIは今まで以上に多くの日本の研究者とのパートナーリングを結ぶことで「イノベーションによる価値の創出」を実現したい強く願っております。

公募プログラム1 img_boshu.jpgopnMe
・募集期間: ~2021年6月7日
・募集分野: 末梢の脂肪組織を選択的に狙った新規治療戦略に関するアイデア
・詳細:  詳しくは右記HP(英語)をご参照ください。 こちら
公募プログラム2 img_boshu.jpgopnMe
・募集期間: ~2021年7月29日
・募集分野: DDSに関連した共同研究提案の募集
・詳細:  詳しくは右記HP(英語)をご参照ください。 こちら

日本ベーリンガーインゲルハイムのトップへ戻る

ノボザイムズ ジャパン株式会社

NV ノボザイムズ ジャパン(株)では日本における独創的・萌芽的な酵素及び微生物研究の発展のため、特に若手研究者に対する研究助成を行っています。

研究ファンド img_boshu.jpgノボザイムズ ジャパン研究ファンド 2022年度プロジェクト募集
 日本の独創的な酵素及び微生物研究の振興を目的とし、萌芽的な研究、特に若手研究者の研究助成を行う。
・募集期間: 2021年4月15日(木)~6月30日(水)
・募集分野: 酵素及び微生物の基礎または応用研究。
・弊社ホームページURL:  こちら

ノボザイムズ ジャパンのトップへ戻る

バイエル薬品株式会社

bayer_logotype.pngバイエル薬品オープンイノベーションセンターでは、創薬とデジタル分野でイノベーションを推進しています。外部パートナーとのコラボレーションによるバイエルの研究開発の強化、スタートアップ支援、IoTを活用して患者さんの満たされていないニーズに対応しQOL改善をめざすこと等に取り組んでおり、現在、下記プログラムで公募を行っています。

公募プログラム1 研究助成プログラムGrants4Ag
・公募期間: ~10月30日(金)
・募集分野: 農業関連分野
 バイエルはヘルスケアと農業関連のライフサイエンス領域において世界をリードするグローバル企業です。このたび、農業関連分野における次世代イノベーションの創出を目指し、全世界の研究者を対象に研究助成プログラムGrants4Agの公募を開始いたしました。
 対象領域、プログラムに関する詳細は こちら (英語サイト) をご参照ください。
  ※Internet Explorerでは正しく表示されませんので、サイト参照時はその他のブラウザーをお使いください。
・お問い合わせ先: BYL_ICJ@bayer.com (バイエル薬品オープンイノベーションセンター)
公募プログラム2 バイエルのベンチャーインキュベーション施設CoLaborator Kobe利用支援プログラム
・対象: 起業後間もない、あるいはCOVID-19感染症に関する研究に取り組むスタートアップ企業を対象
・公募期間: 2020年5月1日(金)~10月31日(土)
・募集分野: バイエルでは昨今のCOVID-19(新型コロナウイルス)感染症の拡大などの状況を鑑み、起業後間もない、あるいはCOVID-19感染症拡大防止に向けた創薬、基盤技術研究に取り組むスタートアップ企業を支援します。該当するスタートアップ企業を対象に一定期間(6ヵ月)無償でCoLaborator Kobe施設(オフィス・ラボ)を利用して頂けるプログラムを用意しました(利用にはバイエルによる審査有)。この様な活動を通じて製薬企業として微力ながら、今後の感染症拡大防止に貢献したいと考えています。是非積極的なご応募をお待ちしています。
・お申し込み: こちら

バイエル薬品のトップへ戻る

持田製薬株式会社

MOIRe_logo.png持田製薬では、2019年度よりアカデミアの方々のご提案に基づく創薬に関する共同研究公募プログラム「MOIRe(モアレ)」実施しております。創薬シーズ(創薬候補品)を医薬品開発に繋げることに関心が高い研究者の皆様のご応募をお待ちしています。

MOIRe img_boshu.jpg共同研究公募プログラムMOIRe(モアレ)
・募集期間: 2021年6月1日(火)~7月31日(土)
・募集分野
        • 産婦人科領域:子宮内膜症、子宮筋腫、妊娠高血圧腎症、その他のアンメットニーズの高い産婦人科疾患
        • 消化器領域:炎症性腸疾患、NSAIDs起因性腸炎、その他のアンメットニーズの高い消化器疾患
        • 難病・希少疾患および難治性疾患
      • 上記の疾患に対する創薬候補品

      難病・希少疾患および難治性疾患については、核酸医薬の創薬標的も含む
・募集サイト: https://www.mochida.co.jp/company/rd_openinnovation.html
 ※Wish Listは募集サイトの募集領域からご確認ください。
・募集ポスター こちら

持田製薬のトップへ戻る

>>> 会員ビジネスダイレクトリーのトップページに 戻る

お問い合わせ
一般財団法人バイオインダストリー協会 事業連携推進部
TEL:03-5541-2731
E-mail:bd(at)jba.or.jp

ページトップへ戻る