2016 VOL.74 NO.1

更新日:2018年12月17日

巻頭言

◆日本のバイオ産業の発展に向けて(安藤久佳)

総説

◆ドラッグデリバリーシステムを利用した再生医療(山本雅哉・田畑泰彦)
Regenerative medicine based on drug delivery systems

要旨
ドラッグデリバリーシステム(DDS)は、ドラッグの効果を高めるための技術・方法論である。DDSが対象とするドラッグは、従来の低分子薬物に加えて、タンパク質、核酸、細胞など多様である。さらに、体内のみならず、培養細胞に対する遺伝子導入など、細胞機能を改変する技術として体外で利用される場合もある。本稿では、再生医療におけるDDSの役割について、具体例を概説する。

キーワード
ハイドロゲル、生体吸収性材料、細胞足場材料、細胞内徐放

◆メバロン酸経路の多様性(邊見 久)
Diversity of the mevalonate pathway

要旨
メバロン酸経路は、コレステロールに代表されるイソプレノイド化合物の前駆体生合成経路であり、その発見から半世紀以上が経つ「古典的」な代謝経路である。同経路の予想を超えた多様性が、ここ2、3年で一挙に明らかにされ、その一部についてはすでに応用研究が進められている。本稿ではそれらの変形メバロン酸経路の特徴を、発見の経緯や今後の展開とともに概説する。

キーワード
メバロン酸経路、イソプレノイド、古細菌、キナーゼ、デカルボキシラーゼ

解説

◆インスリン受容体基質を含む巨大分子複合体を介した新しいインスリン様活性調節機構(高橋伸一郎・福嶋俊明・安藤康年・伯野史彦)
High-molecular-mass complexes containing insulin receptor substrates play important roles in regulation of insulin-like activities

要旨
インスリン様活性の異常は、成長異常のほか、高齢化社会で問題となる種々の疾病を引き起こす。本稿では、インスリン様活性の調節においてインスリン受容体基質を含む巨大分子複合体(IRSome)が果たす役割を解説する。

キーワード
インスリン、インスリン様成長因子(IRS)、GKAP42、Nedd4

◆アダクトーム解析法を用いた疾患バイオマーカーの探索(柴田貴広・内田浩二)
Adductome analysis for development of disease-related biomarkers

要旨
生体内におけるタンパク質の化学修飾は、生体内の状態を示すマーカーとなり得ると考えられる。本稿では、質量分析装置を用いたタンパク質の化学修飾の網羅的解析方法「アダクトーム解析法」とその解析例を紹介する。

キーワード
疾患バイオマーカー、タンパク質修飾、アダクトーム解析、質量分析装置

◆1細胞育種を実現する全自動1細胞解析単離装置の開発(良元伸男・黒田俊一)
Automated isolation and analysis system of single-cell for developing novel cell-breeding technology

要旨
酵母から動物細胞まで幅広い細胞種を1細胞単位で解析し、目的とする1細胞を非侵襲的に単離できる全自動1細胞解析単離装置を開発した。本装置による優秀な性質を有する細胞の1細胞からの育種と応用展開について解説する。

キーワード
1細胞解析、マイクロチャンバー、CS-FIA、嗅覚受容体、酵母表層提示

トピックス

◆非天然型アミノ酸の導入によるタンパク質の安定化(大竹和正・坂本健作)
Protein stabilization by incorporating non-natural amino acids

キーワード
新規アミノ酸、終止コドン、タンパク質工学、構造安定化、ハロゲン化チロシン

◆光駆動ナトリウムポンプのイオン輸送メカニズム(吉住 玲・神取秀樹)
Ion transport mechanism of a light-driven Na+ pump

キーワード
光駆動ナトリウムポンプ、結晶構造、イオン輸送経路

◆放線菌のシグナル分子制御系改変による休眠二次代謝の誘導(荒川賢治)
Analysis of signaling molecules in Streptomyces and application to induction of silent secondary metabolites

キーワード
シグナル分子、二次代謝産物、生合成、放線菌

◆細胞活性の電気化学イメージング~分子電気化学スイッチング素子の開発~(伊野浩介)
Electrochemical imaging analysis of cell activities -Development of molecular electrochemical switching device-

キーワード
電気化学イメージング、スイッチング素子、細胞解析、微小電極アレイ

学会見聞記

◆日本生物工学会大会(高倉康彰・星野 康・長彦 健・矢萩大貴)

バイオの窓

◆糖質化学を見直して糖質産業の活性化を!(小林厚志)

シリーズ

バイオビジネスシリーズ③
◆サスティナブルマテリアルとタイヤ(森田浩一)

産業と行政

藻類バイオ技術の実用化に向けて《後編》
◆ユーグレナの産業利用と今後の展開(鈴木健吾)
◆「井の中の蛙」が「微細藻類によるもの作り」について思うこと(岡田 茂)

◆日本医療研究開発機構のミッションと展望(菱山 豊)

◆日NBRCの生物遺伝資源バックアップ・サービスについて(中川恭好)

JBAニュース

◆BioJapan2015 World Business Forum/主催者セミナー/JBA三賞 合同授与式、発表会

アルコール・バイオマス研究会主催
◆第15 回バイオマス部会・研究会合同交流会「バイオマス利活用に向けた新展開~バイオ水素・ナノセルロース・リグニン~」

書評

◆コア講義 分子遺伝学(田畑和彦)

バックナンバーへ戻る