2016 VOL.74 NO.6

更新日:2018年12月21日

巻頭言

◆国民のゲノムリテラシーの醸成(佐々義子)

目で見るバイオ

◆ペットボトルを食べる細菌(吉田昭介・小田耕平)

キーワード
PET、ポリエチレンテレフタレート、細菌、FE-SEM、細胞外ファイバー

総説

◆創薬応用を目指したヒトiPS細胞由来小腸上皮細胞の作製(高山和雄・水口裕之)
Generation of human iPS cell-derived enterocytes for drug discovery

要旨
小腸は経口投与された薬の吸収と代謝に関与する主要な臓器である。安全かつ有効な経口投与薬を開発するためには、小腸の主たる構成細胞である小腸上皮細胞での吸収と代謝を正確に評価できるモデルが不可欠である。そこで、ヒトiPS細胞から小腸上皮細胞の作製技術の開発が急速に進められている。本稿では、ヒトiPS細胞から小腸上皮細胞への分化誘導技術とその創薬応用に向けた取り組みについて紹介する。

キーワード
ヒトiPS細胞、小腸上皮細胞、薬物代謝、薬物吸収、創薬

◆細菌におけるsRNAによる転写後制御(宮腰昌利)
Post-transcriptional regulation by sRNA in bacteria

要旨
塩基対形成を作動原理として転写後レベルで遺伝子発現を制御する小さなノンコーディングRNA(sRNA)は様々な生理現象に関与することが明らかになってきている。本稿では大腸菌をはじめとする細菌におけるsRNAによる転写後制御の作用機構について概説し、アミノ酸代謝の転写後調節を例に、mRNAの3′末端領域から生成する新しいクラスのsRNAを紹介する。

キーワード
遺伝子発現制御、塩基対形成、sRNA、mRNA、Hfq

解説

◆難培養微生物のシングルセルゲノム解析(雪 真弘・大熊盛也)
Single-cell genomics of yet-uncultured microorganisms

要旨
微生物1細胞からゲノム解析を行うことが可能になったことから、難培養微生物のゲノムが解読され始めている。本稿では、シングルセルゲノム解析の利点とシロアリ腸内に共生する微生物への研究例について解説する。

キーワード
シングルセルゲノム、難培養微生物、共生、シロアリ、セルロース分解

◆ポリエチレンテレフタレート(PET)分解菌の発見と分解機構の解明(平賀和三・宮本憲二・吉田昭介・小田耕平)
Microbial degradation of poly(ethylene terephthalate)(PET)and its mechanism

要旨
石油を原料とするポリエチレンテレフタレート(PET)は、化学的に非常に安定な物質で、これまで生物分解を受けないと考えられてきた。そのPETを分解・資化する微生物Ideonella sakaiensisが発見され、新規酵素PETase とMHETase による分解機構が解明された。

キーワード
ポリエチレンテレフタレート(PET)、PET分解微生物、PET加水分解酵素(PETase)、MHET加水分解酵素(MHETase)、バイオリサイクル

◆天然ゴム分解細菌の単離と機能解析(笠井大輔・福田雅夫)
Isolation and characterization of rubber-degrading bacteria

要旨
微生物機能を利用したゴム廃棄物の処理技術の開発を目指して、ゴム分解能を持つ土壌細菌の単離と機能解析を行っている。本稿では、ゴム分解菌の分解メカニズム解明に向けた取り組みについて紹介する。

キーワード
天然ゴム、poly(cis-1,4-isoprene)、ゴム分解細菌、酸素添加酵素、アルデヒド

◆遺伝子組換えカイコによる有用物質生産-絹糸腺を活用したタンパク質の大量合成-(立松謙一郎・町田幸子)
Recombinant protein production in the silk glands of transgenic silkworms

要旨
筆者らは、カイコの高いタンパク質生産能を利用した組換えタンパク質生産系の利用拡大を目指している。本稿では、酸化LDL 受容体の生産を例に、遺伝子組換えカイコでの組換えタンパク質生産について、現状や展望を概説する。

キーワード
GM カイコ、有用物質生産、酸化LDL検出素子、酸化LDL受容体(LOX-1)、CTLD14

トピックス

◆酵母の熱適応進化戦略(里村 淳・黒田浩一・植田充美)
Heat-stress adaptation strategies of Saccharomyces cerevisiae

キーワード
酵母、熱耐性、発酵生産、全ゲノム解析

◆ナマコの消化管マイクロバイオーム:メタゲノム解析による成長格差の解明(山崎耀平・美野さやか・澤辺智雄)
Gut microbiome of sea cucumber: metagenomics approaches illuminate host growth gap

キーワード
メタ16S解析、メタゲノム解析、腸内細菌叢、マナマコ、プロバイオティクス

◆非天然型アミノ酸D-サイクロセリン生合成酵素の結晶構造(的場康幸)
Crystal structures of enzymes responsible for the biosynthesis of D-cycloserine

キーワード
結晶構造解析、非天然型アミノ酸、抗生物質、D-サイクロセリン

◆CDP-リビトールと福山型先天性筋ジストロフィー症との関連(遠藤玉夫)
Identification of CDP-ribitol and its relation with Fukuyama congenital muscular dystrophy

キーワード
筋ジストロフィー症、糖鎖、リビトールリン酸、糖転移酵素、糖鎖治療

◆放線菌における抗生物質ホルミシス効果による二次代謝活性化(保坂 毅・今井 優)
Activation of secondary metabolism by the hormetic effects of antibiotics in streptomycetes

キーワード
抗生物質、ホルミシス、放線菌、二次代謝

◆細胞接着の性能を高める「ペプチド―合成高分子」ハイブリット素材の開発(蟹江 慧・栗本理央・荏原充宏・加藤竜司)
Development of peptide[- synthetic polymer]hybrid material for enhancement of cell adhesion

キーワード
細胞接着ペプチド、細胞選択性、バイオマテリアル、高分子材料

◆"電気をたべる微生物"が引き起こす鉄腐食(加藤創一郎)
Iron corrosion induced by "electrotrophic microorganisms"

キーワード
微生物、鉄腐食、硫酸還元菌、メタン生成菌、酢酸生成菌

バイオの窓

◆大学発オリジナル清酒「悠々知酔」を学生が考え、そして醸す!(小林元太)

産業と行政

日本におけるアルコール産業発展の歴史と今後の課題(斉木 隆)

遺伝性乳がん卵巣がんの臨床と今後の課題(吉田玲子・新井正美)

第5 期科学技術基本計画と科学技術イノベーション総合戦略2016(川島康裕)

国際動向

再生医療の産業化動向と戦略分析(3)(堀 友繁)

遺伝資源へのアクセス規制:ブラジル、アフリカ連合、およびインドの新しい動き(炭田精造)

JBAニュース

◆アルコール・バイオマス研究会 サントリー武蔵野ビール工場 見学会(松本雄大)

◆バイオエンジニアリング研究会 タカラバイオ㈱ 遺伝子・細胞プロセッシングセンター 見学会(山田智也)

◆JBA バイオリーダーズ研修2016

キーワード検索

総目次

バックナンバーへ戻る