2018 VOL.76 NO.2

更新日:2018年3月20日

巻頭言

◆持続可能な未来の創造に向けて~バイオインダストリー大賞の挑戦~(相澤益男)

解説

◆バクテリアのシステインの代謝と発酵生産(野中 源)
Bacterial metabolism and fermentative production of cysteine

要旨
システインは産業上重要なアミノ酸の1つであるが、長年にわたり効率的な発酵生産が難しいとされてきた。システインの分解系と排出系の発見を中心に、バクテリアのシステイン代謝、制御、発酵生産菌の育種について述べる。

キーワード
アミノ酸発酵、システイン、システイン代謝、代謝制御、Pantoea ananatis

◆軟骨および骨組織再生のための高分子多孔質足場材料(川添直輝・陳 国平)
Porous polymeric scaffolds for cartilage and bone tissue engineering

要旨
細胞の足場となる材料を用いて生体組織を再生するティッシュエンジニアリングが注目を集めている。本稿では、高齢化社会の医療ニーズに応えるため、軟骨および骨組織再生のための足場材料に関する筆者らの取組みを紹介する。

キーワード
ティッシュエンジニアリング、足場材料、複合化、空孔、細胞外マトリックス

◆精神疾患治療薬開発の新しいアプローチ -病気と病気でないもの、モノかコトか-(糸川昌成・新井 誠)
An innovative drug discovery approach to mental illnesses

要旨
精神疾患の治療薬開発が難航している。ここには、遺伝子研究の難航と驚くほど似た構造が見てとれる。精神障害には内科疾患と決定的な違いがあり、そこを混同したことが招いた結果ではないだろうか。これまでの治療薬開発や遺伝子研究の努力は、いわばメモリー増設や新しいアプリをダウンロードして何とか対応しようとしたパソコンのようなものだ。本当に必要な解決策とは、OS そのものの変更に他ならない。

キーワード
carbonyl stress、syndrome、verstehen、prototype、clinical trial

トピックス

◆オレキシン受容体を標的としたナルコレプシー治療薬の開発(斉藤 毅・長瀬 博)
Development of orexin receptor agonists for the treatment of Narcolepsy

キーワード
創薬、睡眠、覚醒、オレキシン、作動薬

◆ラッソペプチド:"投げ輪"構造をもつペプチド抗生物質(小谷真也)
Lassopeptides: Antibiotics with 'Lasso'structure

キーワード
ラッソペプチド、ゲノムマイニング、放線菌、NMR、遺伝子クラスター

◆新規小型抗体「Fv-clasp」の開発(有森貴夫・高木淳一)
Development of a novel antibody fragment format, 'Fv-clasp'

キーワード
フラグメント抗体、X 線結晶構造解析、結晶化シャペロン

◆ゲノム編集技術を利用したGABA 高含有トマトの作出(江面 浩・野中聡子)
Breeding of a GABA-enriched tomato using genome editing technology

キーワード
トマト、GABA、ゲノム編集、機能性、F1品種

◆藻類と動物細胞の共生リサイクル培養による立体心筋組織の作製(原口裕次・清水達也)
Fabrication of three-dimensional cardiac tissue from a 'symbiotic recycling culture' combining algae and mammalian cells

キーワード
細胞シート、藻類・動物細胞共培養、リサイクル、立体組織

◆リグニンを炭素源としたムコン酸のバイオ生産(園木和典・政井英司)
Muconic acid production from lignin without glucose

キーワード
リグニン、ムコン酸、糖質ゼロ、Pseudomonas putida KT2440、Sphingobium sp. SYK-6

◆脳梗塞バイオマーカーとしてのアクロレインの発見(片桐大輔・五十嵐一衛)
Discovery of acrolein as a biochemical marker of cerebral infarction

キーワード
脳梗塞、バイオマーカー、アクロレイン、IL-6、CRP

◆人工シャペロンによるタンパク質発現量の向上(菱谷彰徳)
Enhanced protein expression by an artificial chaperon

キーワード
タンパク質フォールディング、シャペロンタンパク質、J domain タンパク質、タンパク質発現、コンフォメーション病

バイオの窓

◆遊び心と科学的発見(ちょっと肩の力を抜いて)(加藤純一)

シリーズ

日本バイオの技と粋(2)
◆CDP-コリンの酵素的生産(丸山明彦)
Enzymatic production of CDP-Choline

要旨
CDP-コリンは脳障害の薬として古くから用いられてきた核酸系の生体内物質である。1993 年に協和発酵工業㈱で工業化された本物質の新規生産法開発の経緯を紹介する。

キーワード
CDP-コリン、ピリミジンヌクレオチド、ATP、遺伝子組換え、酵素反応

日本バイオの技と粋(3)
◆核酸新製法の開発:分子進化工学とタンパク質工学による産業用酵素創出(三原康博)
Development of a novel production process of nucleotide umami seasonings:Application of directed evolution and rational design in the development of an industrial enzyme

要旨
酵素工学分野では、ランダム変異やラショナル変異によって親酵素を改変して、有用酵素を創出する方法が汎用的な手法となっている。このようなアプローチの先駆けの成功例として、うま味調味料製造のための酵素開発を振り返り紹介したい。

キーワード
分子進化工学、タンパク質工学、リン酸基転移酵素、うま味、ヌクレオチド

◆日本バイオの技と粋(2)(3)に寄せて(穴澤秀治)

特集

第1回バイオインダストリー奨励賞受賞業績(1)

◆糖輸送体の活性制御による植物の新規防御機構の解明(山田晃嗣)
Elucidation of a novel plant defense system via regulation of sugar transporter activity

キーワード
植物、糖輸送、病原体

◆耐熱性酵素を用いた「in vitro代謝工学」による有用物質生産(本田孝祐)
Chemical manufacturing through "in vitro metabolic pathways"with thermophilic enzymes

キーワード
インビトロ代謝工学、耐熱性酵素、好熱菌

◆幹細胞分化の力学制御を指向したDNA ナノデバイス開発(岩城光宏)
Development of DNA nano-device for mechanical control of cellular differentiation

キーワード
DNA ナノテクノロジー、メカノバイオロジー、再生医療、ナノスプリング

産業と行政

平成30 年度各省バイオ関連予算案

JBAニュース

◆平成30年バイオ関連団体合同賀詞交歓会

◆平成29年度全国バイオ関係者会議の活動状況について

アルコール・バイオマス研究会主催シンポジウム
◆バイオマス活用をめぐる国際展開(荒 勝俊)

バイオエンジニアリング研究会 2017年度公開講演会
◆「スマートセルインダストリーとバイオエンジニアリング」~バイオ医薬品・バイオ素材生産株の構築から製造プロセスまで~(菅谷和夫)

◆内閣府戦略イノベーション創造プログラム(SIP)「次世代農林水産業創造技術」「次世代機能性農林水産物・食品の開発」公開シンポジウム

バックナンバーへ戻る