2018 VOL.76 NO.4

更新日:2018年7月19日

巻頭言

◆「B&I」で急がば回れ?(西山 真)

解説

◆消化管ムチンとの相互作用を介したビフィズス菌の定着戦略(西山啓太・岡田信彦)
Colonization strategy of Bifidobacterium through interaction with intestinal mucin

要旨
ビフィズス菌はヒトの消化管に共生する腸内細菌の一種である。本稿では、筆者らが最近見いだした、消化管ムチンとのユニークな相互作用を介したビフィズス菌の定着戦略について紹介する。

キーワード
クロスフィーディング、シアリダーゼ、ビフィズス菌、付着因子、ムチン

トピックス

◆記憶を呼び込む特別な神経細胞(田村英紀・森川勝太)
Specialized neurons encoding memory

キーワード
記憶痕跡、ペリニューロナルネット、恐怖条件づけ、扁桃体、c-Fos

◆大腸菌を用いたポリマー原料としてのマレイン酸生産(野田修平・白井智量・近藤昭彦)
Engineering a biosynthetic pathway for maleate production in Escherichia coli

キーワード
マレイン酸、大腸菌、シキミ酸経路石油由来ポリマー原料

◆清酒酵母における機能性成分高蓄積機構(金井宗良)
High-accumulation mechanism of functional components in sake yeast

キーワード
清酒酵母、機能性成分、S-アデノシルメチオニン

◆カイコの絹糸腺での異種タンパク質発現系の開発に向けて(坪田拓也・瀬筒秀樹)
Transcriptional regulation of major silk proteins in the silkworm Bombyx mori

キーワード
カイコ、有用タンパク質生産、絹糸腺、遺伝子組換え、遺伝子発現制御

◆Physicochemical screening による新規な微生物代謝産物の発掘(中島琢自)
Search for novel microbial compounds by physicochemical screening

キーワード
放線菌、physicochemical screening、二次代謝産物

◆細胞サイズ脂質膜小胞による"発酵"生産の可能性(藤原 慶)
Artificial cell fermentation as a next platform for biosynthesis

キーワード
合成生物学、人工細胞、カスケード反応、生体触媒、生合成

◆慢性心不全の治療に資する線維芽細胞群の発見(鈴木雅也・岩宮貴紘)
Discovery of a specific type of cardiac fibroblasts ameliorating chronic heart failure

キーワード
心臓線維芽細胞、VCAM-1、心不全、細胞治療、心筋細胞増殖

◆ヘモグロビンの新しい機能 フラボノイド変換活性の発見(永久保利紀・熊野匠人・小林達彦)
Discovery of flavonoid-converting activity of hemoglobin

キーワード
フラボノイド、ヘモグロビン、CoA、酵素、代謝

◆乳酸菌Lactobacillus caseiの酸化ストレス耐性機構(世良田雅紀)
Mechanism of oxidative stress tolerance in Lactobacillus casei

キーワード
酸化ストレス、酸素、活性酸素、チオレドキシン、HprA1

◆人工アミノ酸導入技術の抗体工学への応用(加藤明文・白石泰久・横山茂之・坂本健作)
Antibody engineering using unnatural amino acids

キーワード
人工アミノ酸、抗体医薬、タンパク質工学

◆モノクローナル抗体の迅速・低コスト取得を可能にする「Ecobody 技術」(加藤晃代・中野秀雄)
Ecobody technology: a rapid and low-cost method for monoclonal antibody screening

キーワード
モノクローナル抗体、ウサギ抗体、ヒト抗体、スクリーニング、シングルB細胞技術

◆マウスII型糖尿病を誘起する未知腸内細菌(草田裕之・亀山恵司・玉木秀幸)
A novel intestinal bacterium inducing type II diabetes development in mice

キーワード
腸内フローラ、II型糖尿病、Lachnospiraceae科、分離培養、環境ゲノム

バイオの窓

◆ラッコの生き方(海老原充)

シリーズ

日本バイオの技と粋(6)
◆日本の完全長cDNAプロジェクトの話(菅野純夫・太田紀夫・磯貝隆夫)

要旨
日本のお家芸とも言われた完全長cDNA技術を活用して実施された一連のヒト完全長cDNAプロジェクトにより、ヒトゲノムにコードされる遺伝子の約7割を明らかにし、その成果はその後のタンパク質機能解析の研究基盤になった。

キーワード
完全長cDNA、オリゴキャップ法、EST特許、ゲノム創薬、FLプロジェクト

◆日本バイオの技と粋(6)に寄せて(穴澤秀治)

特集

第1回バイオインダストリー奨励賞受賞業績(3)

◆天然ゴム生合成機構の解明と試験管内ゴム合成(高橋征司)
Elucidation of the natural rubber biosynthetic machinery and in vitro rubber biosynthesis with the reconstituted machinery

キーワード
天然ゴム、パラゴムノキ、プレニル鎖延長酵素、ゴム粒子、無細胞タンパク質合成

◆骨粗しょう症の予防手段の開発に向けた食品科学研究(西川恵三)
Food science based novel approach 'food chemical epigenetics' toward prevention and treatment of osteoporosis

キーワード
破骨細胞、骨、エピジェネティクス、骨粗しょう症、テアフラビン

◆超解像度ケミカルイメージングを実現する電気化学顕微鏡の開発(高橋康史)
Development of high resolution scanning electrochemical microscopy for super resolution chemical imaging

キーワード
走査型プローブ顕微鏡、ナノピペット、ライブセルイメージング

機構紹介

◆SDGs目標達成に向けた科学技術イノベーションの貢献「早稲田地球再生塾(WERS)が果たす役割」(荒 勝俊・木野邦器)

◆教育を起点に産官学で取り組むSDGs達成の試み「One Earth Guardians育成プログラム」(高橋伸一郎・五十嵐圭日子・深尾友美・中西もも)

国際動向

シリーズ:グローバル連携⑧
◆TIME 誌も絶賛!マイナンバーをヘルスケアに活用するデンマーク(村上有美・飯田留美)

◆デジタル配列情報の利用から生ずる利益配分を巡って(城石俊彦)

GIF からの国際情報発信~我が国のバイオエコノミーの発展に向けて~(1)
◆東南アジア諸国における「脱炭素社会」への動きと取り組み(小杉昭彦)

JBAニュース

◆JBA 新資源生物変換研究会シンポジウム 微生物によるものづくりの新展開:小分子から高分子まで自由自在に(中野秀雄・田丸浩・加藤晃代)

◆JBA発酵と代謝研究会後援シンポジウム「Super cell-factory, Corynebacterium glutamicum の最新基盤研究と新たな物質生産システムへの展望」(安枝寿・小川順・池田正人)

バックナンバーへ戻る