【報告】新資源生物変換研究会シンポジウム「健康とモノづくりへの腸内細菌活用の最前線」

講演会・セミナー ヘルスケア

更新日:2018年3月 5日

先端バイオ技術情報提供新資源生物変換研究会

※機関誌「バイオサイエンスとインダストリー(B&I)」2018 Vol.76 No.1(JBAニュース)に開催報告を掲載いたしました。JBA会員の方は「ライブラリ」から全文ご覧いただけます。 → こちら

メタゲノムやメタボロームなどの解析技術の発展とともに腸内細菌の研究開発は近年ますます盛んになってきた。健康、疾病と腸内細菌(叢)や代謝物との関連付けだけでなく、それらから、プロ/プレバイオテクスとして健康に役立つ腸内細菌やその代謝物、腸内細菌の生育を促進する化合物などが明らかになってきている。今回はこのような腸内細菌を利用した健康維持向上を目指す最近の研究を紹介し、応用微生物という観点からの新たな展開について議論したい。

開催日時 2017年9月12日(火)
9:00~11:00
会場 早稲田大学 西早稲田キャンパス 56号館1階(C会場)
主催 日本生物工学会
共催 JBA新資源生物変換研究会、発酵と代謝研究会、アルコール・バイオマス研究会、グリーンバイオイノベーションフォーラム(GIF)
後援 JBAヘルスケア研究会、機能性食品研究会

プログラム

「腸内細菌の脂質代謝を活用した新規機能性脂肪酸」
  米島 靖記氏(日東薬品工業(株) 研究開発本部 研究開発部 菌・代謝物研究センター)

「ヒト腸内細菌データベースとその利用」
  山田 拓司氏(東京工業大学 生命理工学院)

「ビフィズス菌の遺伝子操作技術」
  鈴木 徹氏(岐阜大学 応用生物科学部  ゲノム微生物学研究室)

「腸内環境を標的とした新たな疾患予防・治療基盤技術の創出」
  福田 真嗣氏(慶應義塾大学 先端生命科学研究所 特任准教授
  /(株)メタジェン 代表取締役社長CEO)

参加方法

講演会参加費 参加費:日本生物工学会大会の参加資格によります。
※本シンポジウム参加費は日本生物工学会大会参加費に含まれます。
※大会参加費は日本生物工学会にお支払いください。(JBAでの会費取り扱いはありません。)
お申込み 事前受付は終了しております。参加ご希望の方は、当日、大会受付窓口におこしください。
大会詳細はhttps://www.sbj.or.jp/2017/からご確認ください
お問合せ 〒104-0032
東京都中央区八丁堀2-26-9 グランデビル8階
(一財)バイオインダストリー協会
TEL:03-5541-2731
(担当:荒・青木)

記事一覧へ戻る