(期間延長3/15まで)【ご協力のお願い】生物資源・配列情報の入手・利用状況、国内PIC等に関するアンケート調査

※ ご回答期限を3/15まで延長しました。より多くお方のご協力を御願いできればと思います。宜しくお願い致します。

この度、一般財団法人バイオインダストリー協会(JBA)では、経済産業省より受託している「令和2年度商取引・サービス環境の適正化に係る事業(生物多様性総合対策事業)」 の下にて、標記アンケート調査を実施いたします。

本アンケート調査は、国内企業が円滑に国内外の生物資源を入手し利用できる環境の整備に向け、国内企業の生物資源の入手・利用状況を把握することを目的としています。

【本アンケート調査で伺う主な内容】

  • 海外由来の生物資源の入手・利用状況等
  • 海外由来の生物資源の入手にあたっての障壁、またその障壁を改善するために必要なサポート等
  • 国内由来の生物資源の入手・利用状況等
  • 国内由来の生物資源の入手にあたっての障壁、またその障壁を改善するために必要なサポート等
  • 我が国の遺伝資源に対し、生物多様性条約及び名古屋議定書の下でのPIC制度*を設ける必要性等
     * PIC制度:遺伝資源の取得に際し、日本政府の事前同意を得る制度
  • 塩基配列データ等の入手利用状況等
  • 海外の遺伝資源の入手にあたって、政府機関等の支援業務に期待すること等

なお、本アンケート調査では、生物の「個体・細胞」、「破砕物」、生物由来の「抽出・精製物」、「誘導体」等、広く生物資源を対象とし、一般流通品として入手や製品原料としての利用も含め、広く入手・利用状況を把握したいと考えています。このため、幅広い利用者からのご回答をお願いしたいと思います。

ご多用のこととは存じますが、何卒ご理解の上、回答にご協力を頂ければ幸いです。
よろしくお願い申し上げます。


■アンケートWebサイト: https://ans.i-enquete.jp/2021jba/

■実 施 期 間: ~2021年3月15日(月) (23:59入力締切)

■問い合わせ先:(一財)バイオインダストリー協会 生物資源総合研究所 井上、野崎
     abs.info@jba.or.jp(ほぼ在宅勤務のため、メールを入れて頂ければこちらからご連絡致します)

記事一覧へ戻る