本庶 佑 京都大学高等研究院副院長・特別教授がノーベル生理学・医学賞を受賞!

大賞・奨励賞

更新日:2018年10月 2日

本庶 佑 京都大学高等研究院副院長・特別教授がノーベル生理学・医学賞を受賞されました。
(2018年10月1日)

 
 本庶佑 高等研究院副院長・特別教授が、2018年ノーベル生理学・医学賞を受賞されました。免疫チェックポイント分子「PD-1」の発見が評価されての受賞です。

 本庶先生は、昨年、第1回バイオインダストリー大賞(研究業績「PD-1阻害によるがん免疫治療法の開発」)を受賞されました。
 今後の益々のご活躍をお祈り申し上げます。

【参考】
 第1回「バイオインダストリー大賞」受賞者決定!  → こちら

 第1回バイオインダストリー大賞受賞、京都大学高等研究院 本庶 佑 特別教授インタビュー → こちら

記事一覧へ戻る