政策情報セミナー「ヘルスケアデータに関する最新状況~匿名加工医療情報に関する法律案/-トランプ政権のIT戦略~」

更新日:2017年5月23日

政策提言・政策対話

 「政策情報セミナー」では、バイオ産業の産業政策や科学技術政策を推進する省庁の政策立案担当者や専門家に講演いただくと共に直接対話を行う機会を提供しています。今回は、ヘルスケア関連の研究開発を促進するための匿名加工医療情報に関する法律案、トランプ政権下における米国IT戦略とサイバーセキュリティについて講演を企画致しました。多くの方々のご参加をお願い致します。

開催日時 2017年5月23日(火)
15:00~16:45
終了後、交流会あり
会場 (一財)バイオインダストリー協会
定員 60名
主催 (一財)バイオインダストリー協会、日本バイオ産業人会議(JABEX)
備考

※16:45~17:15で交流会を行います。

プログラム

15:00~15:05 開講挨拶
15:05~15:55 次世代医療基盤法案(医療分野の研究開発に資するための匿名加工医療情報に関する法律案)について
岡本 利久 氏(内閣官房 健康・医療戦略室 参事官)
 医療分野の研究開発を推進するために、特定の個人を識別できないよう匿名加工された医療情報を適正に利活用するための基盤を整備する法律案が政府から提出されました。この法律案の意義や内容、期待される効果などが説明されます。
15:55~16:45 米国トランプ政権下のヘルスIT戦略とサイバーセキュリティ
笹原 英司 氏(NPO法人ヘルスケアクラウド研究会 理事、在日米国商工会議所 ヘルスケアIT小委員会委員長 博士(医薬学))
 先行き不透明感のあるトランプ政権ですが、ベビーブーマー高齢化に対応する健康医療ビッグデータの共通基盤としてクラウドを活用する姿勢は変わりません。米国のヘルスITイノベーション推進戦略と、それを支えるサイバーセキュリティ対策について俯瞰します。

参加方法

講演会参加費 JBA法人会員およびJABEX会員: 無料
JBA個人会員(アカデミア所属): 無料
但し、JBA法人会員でない企業(事業者)に所属する個人会員は5,000円(税込)
非会員: 10,000円(税込)
交流会参加費 無料
お申込み 下記フォームより、お申込み下さい。
お問合せ 〒104-0032
東京都中央区八丁堀2-26-9 グランデビル8階
(一財)バイオインダストリー協会
TEL:03-5541-2731
(担当:村山、藤島、坂元)

お申込みフォーム

5月22日17時をもって、申込み受付を終了しました。

記事一覧へ戻る