創薬モダリティ基盤研究会 講演会「核酸医薬製造の進展」

講演会・セミナー 医薬

更新日:2020年10月16日

【JBA会員限定】

2030年に花開く創薬モダリティとしての核酸医薬への期待値は高いが、課題もある。
今回は核酸医薬製造をテーマにセミナーを開催し、JBA会員限定でZoom配信する。

開催日時 2020年11月20日(金)15:00~16:30
会場 (一財)バイオインダストリー協会
定員 会議室 20名 Zoom配信(定員90名、予定)
※COVID-19 新規感染状況を考慮し、Zoom配信のみに変更させていただきました。
主催 (一財)バイオインダストリー協会 創薬モダリティ基盤研究会

プログラム

15:00~16:00 核酸医薬製造の進展
佐藤 秀昭 氏(ルクサナバイオテク(株) 代表取締役社長)
核酸医薬は、高い特異性と、mRNAや non-coding RNAなど、従来の医薬品では狙いにくい細胞内の標的分子を創薬ターゲットにすることが可能であり、化学合成品のため比較的短時間で候補を得やすく、次世代の医薬品として実用化が進んでいる。
ルクサナバイオテク(株)の創薬プラットフォームは、大阪大学大学院薬学研究科生物有機化学分野(小比賀教授)で蓄積された基盤技術、すなわちアンチセンスに最適な架橋型修飾核酸群、アンチセンス毒性低減技術、配列設計技術を有している。
講演では、同社の本核酸医薬創薬プラットフォームを含め、核酸医薬品の製造技術(オリゴ合成、モノマー供給、サプライチェーン)の進展についてご紹介いただく。
16:00~16:30 質疑応答

※講演プログラム・講師について ⇒  こちら をご参照下さい。(PDF 822KB)

参加方法

講演会参加費 無料(JBA会員限定)
会場参加 下記のお問い合わせ担当者宛に、組織名・氏名・電話番号を明記したメールをご送付下さい。
Zoom参加 下記フォームよりお申し込みください。
お申し込み締め切り: 11月16日(月)
お問い合わせ (一財)バイオインダストリー協会
〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-26-9 グランデビル8階
TEL: 03-5541-2731 
(担当:渡邊、岸本、橋本、矢田)
E-mail:modalities(at)jba.or.jp ((at)を@に変えてください)

Zoom参加お申し込みフォーム

11月16日17時をもってお申し込みの受付を終了しました。

記事一覧へ戻る