第18回バイオマス関連部会・研究会合同交流会 「日本の森林と小型ガス化炉の最先端」

講演会・セミナー 環境

更新日:2018年12月17日

バイオマス合同交流会はバイオマス研究に関係する6つの団体が共同で毎年開催しており、様々なバックグラウンドを有するバイオマス研究者の交流を目的としています。今年度は、 「日本の森林と小型ガス化炉の最先端」のテーマで合同交流会を開催致しますので、皆様奮ってご参加くださいますようお願い申し上げます。

開催日時 2019年1月15日(火) 13:00~17:00
会場 広島大学工学部 (B棟 219講義室)
※講義室の配置はこちらを参照してください。
主催 第18回バイオマス関連部会・研究会合同交流会
共催 広島大学バイオマスプロジェクト研究センター 広島大学エネルギー超高度利用研究拠点(HU-ACE)
協賛 化学工学会エネルギー部会バイオマス分科会
日本エネルギー学会バイオマス部会
バイオマス利用研究会
木質バイオマス利用研究会
日本木材学会バイオマス変換研究会
JBAアルコール・バイオマス研究会
備考 司会:松村 幸彦(広島大学)
15:05~15:15 休憩
17:00~18:00 意見交換会

プログラム

13:00~13:05 開会挨拶
松村 幸彦 氏(日本エネルギー学会バイオマス部会部会長)
13:05~13:35 各部会・研究会活動紹介
講演
13:35~14:05 「日本の森林の活性化に向けて」
吉岡 拓如 氏(東京大学大学院 農学生命科学研究科 准教授)
14:05~14:35 「小型ガス化導入の初期から現状まで」
竹林 征雄 氏(NPO法人バイオマス産業社会ネットワーク 副理事長)
14:35~15:05 「超小型木質バイオマス発電設備Volter40も紹介並びに稼働状況について」
駒田 忠嗣 氏(VOLTER JAPAN(同) 営業統括責任者/VOLTER秋田 代表取締役)
15:15~15:45 「木質ペレット製造とブルクハルト社木質ペレットガス化熱電併給装置」
中川 秀樹 氏(三洋貿易(株) 機械・環境事業部 理事)
15:45~16:15 「ホルツエナジーCHPの日本普及」
三村 和壽 氏((株)バイオマス利活用技術舎 代表取締役)
ディスカッション
16:15~17:00 「日本の森林とガス化の展望」

参加方法

講演会参加費 事前参加費 7,000円(1月9日まで)
一般参加費 9,000円
意見交換会参加費 3,000円
お申し込み 詳細・お申し込みはこちら(どなたでも参加いただけます。)
お問い合わせ 第18回バイオマス関連部会・研究会合同交流会 広島大学バイオマスプロジェクト研究センター 樋口様
E-mail:bprc(at)hiroshima-u.ac.jp

記事一覧へ戻る