アルコール・バイオマス研究会 2022年度シンポジウム 「未来のアルコール産業~アルコール文化とWell-Being~」

講演会・セミナー ヘルスケア 環境 食品

更新日:2022年9月 1日

アルコール・バイオマス研究会ではこの度、「未来のアルコール産業~アルコール文化とWell-Being~」と題するシンポジウムを企画しました。
withコロナ時代で変曲点にある飲料用アルコール産業の現状、社会潮流とアルコール飲料の役割を俯瞰し、ビール、日本酒や焼酎等の醸造企業におけるヒト(心身)・社会のWell-beingを意識した新しいアルコール文化の創出に関する取組み事例や関連の話題などをご紹介いただき、未来のアルコール産業のあり方について議論する機会としたい存じます。
ぜひ多くの皆様にご参加いただきたく、以下にご案内申し上げます。

開催日時 2022年9月30日(金) 14:00~17:30
開催形式 オンライン(Teams)
定員 150名
主催 (一財)バイオインダストリー協会 アルコール・バイオマス研究会
備考 15:35~15:45 休憩
感染状況によりプログラム/開催形式の変更がございます。
最新情報は本ホームページでご確認ください。

プログラム

14:00~14:05 開会挨拶
石井 正治 氏(東京大学大学院農学生命科学研究科 教授、アルコール・バイオマス研究会 会長)
14:05~14:50 「生活者のwell-beingと心を動かすマーケティング」
尾崎 一隆 氏(アサヒビール(株) マーケティング本部消費者インサイト室 室長)
14:50~15:35 「サントリーにおけるドリンクスマート活動と商品開発」
松本 雄大 氏(サントリー(株) スピリッツカンパニー商品開発研究部 専任課長、アルコール・バイオマス研究会 幹事)
15:45~16:30 「日本酒を科学して113年~ブランドコンセプト『健をめざし、酒(しゅ)を科学して、快を創る』を実現するための最近の取り組み」
石田 博樹 氏(月桂冠(株) 総合研究所 所長)
16:30~17:15 「三和酒類における『世界を、"Wa"でいっぱいに。』に関する取組み」
林 圭 氏 (三和酒類(株) 三和研究所 所長)
17:15~17:25 総合討論
17:25~17:30 閉会挨拶
安原 貴臣 氏(アサヒイノベーションアンドクオリティ(株) 理事、アルコール・バイオマス研究会 副会長)

参加方法

対象 JBA会員、非会員
シンポジウム参加費 無料
お申し込み 下記フォームより、お申し込み下さい。
※お申し込み締め切り:2022年9月26日(月) 18:00まで
※定員に達しましたら、締め切りとさせていただきます。
お問い合わせ 〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-26-9グランデビル8F
(一財)バイオインダストリー協会
アルコール・バイオマス研究会事務局(担当:青木、尾崎、和田)
TEL:03-5541-2731

お申し込みフォーム

9月26日18時をもってお申し込みの受付を終了しました。以降のお申し込みにつきましては担当者にご連絡ください。

記事一覧へ戻る