第3回 創薬モダリティ基盤研究会「2030年smeWG ビジョン・ロードマップにむけて」

講演会・セミナー 医薬

更新日:2021年6月 4日

【JBA創薬モダリティ基盤研究会会員、JBA法人会員、JBA個人会員(アカデミア)限定】

本研究会は、多様化する創薬プロセスの変革を鑑み、新規創薬のために必要な基盤技術群の構築と充実に寄与することを目的として、2019年11月より活動を開始しました。次世代抗体医薬、核酸医薬、遺伝子細胞治療の3つのsmeWG活動に加え、昨年度、新たに新治療技術に関するsmeWGを立ち上げ、2030年ビジョンにむけて、4WGにて活動・協議を推進しています。また、本研究会活動のビジョンとミッションを策定し、内閣府・バイオ産業人会議(JABEX)の推進するバイオ戦略への寄与を明確化させて、多数の講演会を企画・開催しています。
第3回研究会では、それぞれのsmeWGの活動状況を紹介し、2021年度の活動方針にも触れながら、本研究会活動を報告します。さらに核酸医薬に関する最新情報のご講演もいただきます。

開催日時 2021年7月8日(木) 13:00~15:30
会場 (一財)バイオインダストリー協会
定員 Zoom配信(定員120名、予定)
主催 (一財)バイオインダストリー協会 創薬モダリティ基盤研究会
備考 ※講演は後日、オンデマンド配信を予定しています(研究会メンバー限定)

プログラム

13:00~13:05 はじめに
久保庭 均 氏(中外製薬(株) 顧問、JBA創薬モダリティ基盤研究会 会長)
13:05~13:30 2020年度smeWG活動報告 ※各WG 報告10分、質疑応答15分
 ・核酸医薬
 ・遺伝子細胞治療
 ・次世代抗体
 ・新治療技術
13:30~13:40 本年度活動について
 ・新smeWG活動開始について
 ・BioJapan2021について
 ・国プロ提案状況
 ・ホワイトペーパー
13:40~14:00 自由討論
14:10~15:20 講演「ヘテロ核酸の開発」
横田 隆徳 氏(東京医科歯科大学 脳神経病態学分野 教授)
【座長】和田 猛 氏(東京理科大学 薬学部 生命創薬科学科 教授、JBA創薬モダリティ基盤研究会 副会長)
15:20~15:30 おわりに
木村 正伸 氏(タカラバイオ(株) 遺伝子医療事業部門 取締役 本部長、JBA創薬モダリティ基盤研究会 副会長)

※講演プログラム・講師について ⇒  こちら をご参照下さい。(PDF 347KB)

参加方法

講演会参加費 無料(JBA創薬モダリティ基盤研究会会員、JBA法人会員、JBA個人会員(アカデミア)限定)
Zoom参加 下記フォームよりお申し込みください。
お申し込み締め切り: 7月6日(火)17:00
お問い合わせ (一財)バイオインダストリー協会
〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-26-9 グランデビル8階
TEL: 03-5541-2731 
(担当:渡邊、岸本、橋本、矢田)
E-mail:modalities(at)jba.or.jp ((at)を@に変えてください)

Zoom配信参加お申し込みフォーム

7月6日17時をもってお申し込みの受付を終了しました。以降のお申し込みにつきましては担当者にご連絡ください。

記事一覧へ戻る