第4回 JBA創薬モダリティ基盤研究会 全体会 多様化する創薬モダリティ開発にどう対処するか

講演会・セミナー IoT・AI 医薬

更新日:2022年7月 1日

【JBA創薬モダリティ基盤研究会会員、JBA法人会員、JBA個人会員(アカデミア)限定】

開催日時 2022年7月27日(水)13:15~15:45
定員 MS-teams(定員100名、予定)
主催 (一財)バイオインダストリー協会 創薬モダリティ基盤研究会

プログラム

13:15~13:20 はじめに
久保庭 均 氏(中外製薬(株) 顧問、創薬モダリティ基盤研究会 会長)
13:20~13:45 2021年度smeWG活動報告  各smeWGリーダー【報告10分、質疑応答15分】
*核酸医薬: 和田 猛 氏(東京理科大学 薬学部 生命創薬科学科 教授、JBA創薬モダリティ基盤研究会 副会長)
*遺伝子細胞治療: 事務局
*次世代抗体: 津本 浩平 リーダー(東京大学大学院工学系研究科 バイオエンジニアリング専攻 教授)
*新治療技術: 齋藤 敬太 リーダー((株) biomy 最高執行責任者)
13:45~14:00 本年度活動について 事務局【報告10分、質疑応答5分】
*新年度smeWG活動について
*Joint-smeWG(AI)
*先端的バイオ創薬等基盤技術開発事業 連携講演会
*BioJapan 2022について
14:00~14:05  新副会長の紹介
小野寺 雅史 氏(国立成育医療研究センター 遺伝子細胞治療推進センター センター長)
14:05 ~ 14:15 自由討論
14:15~15:35 研究会会員によるピッチプレゼンテーション 6題【発表10分(時間厳守)】
  座長:久保庭 均 会長
研究会 会員によるピッチプレゼンテーション 6題
*質疑応答(15分)
15:35 ~ 15:45 おわりに
和田 猛 氏(東京理科大学 薬学部 生命創薬科学科 教授、JBA創薬モダリティ基盤研究会 副会長)

※講演プログラム・講師について ⇒  こちら をご参照下さい。(PDF 348KB)

参加方法

講演会参加費 無料(JBA創薬モダリティ基盤研究会会員、JBA法人会員、JBA個人会員(アカデミア)限定)
Teams参加

下記フォームよりお申し込みください。
お申し込み締め切り: 7月22日(金)17:00
※ご連絡先は主催者・講師で共有いたします。
*メールアドレスご入力の際はお間違いのないようご注意ください。アドレスが間違っておりますとメールが届きません。
*お申込時には申込完了メール、セミナー開催前々日にはTeams開催通をお送りする予定です。
メールが届かない場合は、一営業日前までに下記担当者までご連絡下さい。

お問い合わせ (一財)バイオインダストリー協会
〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-26-9 グランデビル8階
TEL: 03-5541-2731
(担当:渡邊、岸本、矢田)
E-mail:modalities(at)jba.or.jp ((at)を@に変えてください)

MS-teams参加お申し込みフォーム

7月22日17時をもってお申し込みの受付を終了しました。

記事一覧へ戻る