植物バイオ研究会 第15回会合「細胞再分化と植物・微生物相互作用」セミナー

講演会・セミナー 植物 農林・水産

更新日:2018年3月12日

 植物の生産性向上は、食糧生産だけでなく、植物を使ったモノづくりに大きな影響を与えるために、現在、世界的な規模で研究開発が進んでいます。次世代シーケンサー技術の高度化によって、培養できない微生物も解析が可能となり、植物と微生物の相互作用はホットな話題となっています。また、植物の再生能力に関する基盤的な研究が進みつつあり、今後の植物バイテクの根幹に関わる技術が開発される可能性があります。
 今回は植物細胞の再分化技術並びに植物・微生物の相互作用に焦点を当て、5名の先生方から最先端の研究動向と応用展開の可能性について講演いただきます。

開催日時 2018年4月18日(水) 13:00~18:00
会場 (一財)バイオインダストリー協会
定員 60名
主催 (一財)バイオインダストリー協会 植物バイオ研究会

プログラム

13:00~13:05 会長挨拶
13:05~13:15 「植物バイオ研究会活動について」
 研究会事務局
13:15~14:00 「寄生・共生による植物二次代謝産物の生産」
矢崎 一史 氏(京都大学生存圏研究所 教授)
14:00~14:45 「フィールドアグリオミクスにより有機農業を科学する」
市橋 泰範 氏((国研)理化学研究所 バイオリソース研究センター チームリーダー、(国研)科学技術振興機構 さきがけ兼任)
14:45~15:30 「植物による微生物の認識・制御と環境適応」
西條 雄介 氏(奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 准教授)
15:30~15:45 休憩
15:45~16:30 「植物細胞の再生能力 -基礎と応用-」
杉本 慶子 氏((国研)理化学研究所 環境資源科学研究センター チームリーダー)
16:30~17:15 「植物細胞がもつ能力を引き出す 〜植物器官の巨大化と組織再生〜」
梅田 正明 氏(奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 教授)
17:15~17:30 総合討論
17:30~18:00 名刺交換会

植物バイオ研究会第15回会合

参加方法

講演会参加費 JBA法人会員、JBA個人会員(アカデミア所属):無料
JBA法人会員でない企業(事業者)に所属の個人会員: 5,000円(税込)
植物バイオ研究会 会員: 無料
非会員: 10,000円(税込)
お申し込み 下記フォームより、お申し込み下さい。
お問い合わせ 〒104-0032
東京都中央区八丁堀2-26-9 グランデビル8階
(一財)バイオインダストリー協会
TEL:03-5541-2731
(担当:青木、尾崎、坂元)

4月13日をもって、申込み受付を終了しました。

記事一覧へ戻る