Food Bio Plus研究会(仮称)設立準備勉強会 第7回 日本企業の参入事例と国際動向からみた我が国のフードテックの進め方

「細胞農業」に新たに参入する企業に登壇いただき、参入の経緯や事業化戦略等についてご講演いただくとともに、各国の官民の最新動向を概観することで、我が国が目指すべきフードテックの方向性を議論する場としたい。

開催日時 2022年8月26日(金) 15:00~17:30
定員 Zoom配信(定員200名)
主催 (一財)バイオインダストリー協会 Food Bio Plus研究会
協賛 (公社)日本生物工学会(予定)
後援 (公社)日本農芸化学会(予定)
オーガナイザー 小川 順 氏(京都大学大学院農学研究科教授、Food Bio Plus研究会 会長)  

プログラム

15:05~15:45 培養肉の大規模生産への課題と挑戦
山木 多恵子 氏((株)オルガノイドファーム 代表取締役 CEO/日揮(株) 未来戦略室)
培養肉の商業化の実現には、大規模生産と生産コストの削減が不可欠である。日揮グループが培ってきたプラントエンジニアリング技術を細胞農業へ展開し、早期に培養肉を社会実装することを目指して設立した(株)オルガノイドファームの取組みについて紹介する。
15:45~16:25 バイオテクノロジーを利用した物質生産
冨田 眞巳 氏((株)島津製作所 執行役員、分析計測事業部 副事業部長)
急激な人口増に対する食肉の供給手段の1つとして、当社は細胞から培養した肉の自動生産に関する取組みを進めている。世界では肉だけでなく、脱炭素の観点から微生物を使った樹脂の生産など、バイオモノ作りの取組みも進む。これらについてトピックスを報告する。
16:25 ~17:05 フードテックに関する各国毎の官民の取組みの概観
坂元 雄二 氏(日本バイオ産業人会議(JABEX) 事務局次長)
投資家による「持続可能な食品企業ランキング」の事例を紹介するとともに、フードテックへの取組みに熱心な数カ国について官民の取組み状況を概観する。
17:05~17:30 総合討論
新たに細胞農業に参入した企業の要望やフードテックへの国内外の取組状況を踏まえ、我が国のフードテック振興に必要な方向性について議論したい。

※講演プログラム・講師について ⇒  こちら をご参照下さい。(PDF 689KB)

参加方法

講演会参加費 無料
Zoom参加 下記フォームよりお申し込みください。
お申し込み締め切り: 8月25日(木) 12:00
*メールアドレスご入力の際はお間違いのないようごご注意ください。
*お申し込み時には申込完了メール、セミナー開催2日前迄にはZoomリンクURLをお送りする予定です。メールが届かない場合は、開催1営業日前までに以下担当者までご連絡下さい
お問い合わせ (一財)バイオインダストリー協会
〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-26-9 グランデビル8階
TEL: 03-5541-2731  (担当:坂元、安田、矢田)
E-mail:miraibio(at)jba.or.jp ((at)を@に変えてください)

Zoom参加お申し込みフォーム

マイページ登録がお済みの方は、ログインしていただくと、登録情報が入力フォームに反映されます。
ご所属がない方は「個人」とご入力下さい。
ご所属がない方は「コジン」とご入力下さい。
入力例:03-1234-5678

会員種別必須
興味のある分野
興味のある事業
本セミナーはどのようにお知りになりましたでしょうか?
ご記入いただいた個人情報は、本セミナーに関する申込者との連絡の他、JBAメールニュース・セミナーニュース(毎週月・木曜日配信)でのセミナー等ご案内に利用させていただきます。ご案内が不要の場合は、JBAセミナーニュースの「案内不要」にチェックしてください。
JBAメールニュース・セミナーニュース
※確認画面からお申込み情報を送信される際、「この内容で送信する」ボタンは1回のみクリックしてください。

記事一覧へ戻る