BioJapan 2020出展者プレゼンテーション「COVID-19関連検査薬、ワクチンから治療薬まで ~国内医薬品製造エンジニアリングの総合的な最適解を考える」(JBAバイオエンジニアリング研究会企画)

講演会・セミナー 医薬 基盤技術

更新日:2020年10月 9日

 新型コロナウイルスの脅威を克服するためには、国内技術の粋を集め開発した検査薬、ワクチンや治療薬を、日本国内で安定的に製造・供給する仕組みが是非とも必要である。 日本国内での医薬品製造におけるプラットフォーム(IT、生産技術)の実情を明らかにし、その総合的な最適解を考察する。

【開催日時】 2020年10月14日(水)12:45~14:45 
【開催場所】 パシフィコ横浜 B~Cホール(BioJapan 2020 展示会場 Presentation Stage B)
【参加方法】  BioJapanウェブサイト より事前来場登録(登録料無料)が必要です。


出展者プレゼンテーション(JBAバイオエンジニアリング研究会企画)
「COVID-19関連検査薬、ワクチンから治療薬まで ~国内医薬品製造エンジニアリングの総合的な最適解を考える」

【プログラム(概要)】
 座長: 藤井 智幸
     東北大学大学院農学研究科 生物産業創成科学専攻 教授(バイオエンジニアリング研究会 会長)
・「バイオスペリア時代の抗体エンジニアリング」
  津本 浩平
  東京大学大学院工学系研究科 バイオエンジニアリング専攻 教授
・「細胞内トラフィックに着目した組換えタンパク質生産細胞の解析と応用」
  大政 健史
  大阪大学大学院工学研究科 生物工学専攻・教授
・「唾液を用いた新型コロナウイルスPCR検査が可能に」
  小林 雅樹
  シスメックス(株) LS事業本部 遺伝子検査事業部 係長
・「全自動遺伝子検査システムと新型コロナウイルス検査試薬の開発」
  塚本 悠
  東ソー(株) バイオサイエンス事業部 第二開発部 遺伝子G 副主任研究員
・「AGC Biologicsの新型コロナウイルスワクチン/治療薬の製造受託」
  宮田 雄一郎
  AGC(株) 千葉工場 医薬品部 バイオ医薬課 課長
・「試料から直接PCR -Ampdirect技術が挑む新型コロナウイルス検出の迅速・省力化-」
  森田 直樹
  (株)島津製作所 分析計測事業部 グローバルマーケティング部 課長


詳しいスケジュールは、こちら をご参照下さい。
※講演プログラム・講師について ⇒  こちら をご参照下さい。

※出展者プレゼンテーションの聴講登録は不要です。事前のご来場登録ののち、直接会場にお越し下さい。

記事一覧へ戻る