BioJapan 2020出展者プレゼンテーション「ポストコロナ世界に躍進する創薬モダリティとバイオベンチャー」(JBA創薬モダリティ基盤研究会・事業連携推進部 共同企画)

講演会・セミナー 医薬

更新日:2020年10月 9日

新型コロナウイルス感染症拡大によって、社会に「新しい価値観」が生まれつつあり、各所で様々な取り組みが始まっている。新たな創薬モダリティ開発に取り組む企業、新たなパラダイムシフトに挑戦するバイオベンチャーの取り組みを紹介する。

【開催日時】 2020年10月16日(金) 13:00~15:00
【開催場所】 パシフィコ横浜 B~Cホール(BioJapan 2020 展示会場 Presentation Stage B)
【参加方法】 BioJapanウェブサイト より事前来場登録(登録料無料)が必要です。


出展者プレゼンテーション
(JBA 創薬モダリティ基盤研究会&事業連携推進部 関連企画)
「ポストコロナ世界に躍進する創薬モダリティとバイオベンチャー」

【プログラム(概要)】
・「JBA事業連携推進部の活動状況」
  山田 徹
  (一財)バイオインダストリー協会 事業連携推進部 部長
・「免疫情報解析による創薬・開発支援」
  山下 和男
  KOTAI バイオテクノロジーズ(株) 代表取締役
・「JBA創薬モダリティ基盤研究会 smeWG進捗状況~10年後のランドスケープとロードマップ作成に向けて」
  渡邊 正人
  (一財)バイオインダストリー協会 先端技術・開発部 部長
・「Axcelead の統合型創薬支援サービスと新たなモダリティへの取り組み」
  麻生 和義
  Axcelead Drug Discovery Partners(株) セールス&マーケティング ヘッド
・「固相トランスフェクション技術を応用した解析キット」
  齋藤 優子
  (株)サイトパスファインダー 研究部 主席研究員
・「組換えモノクローナル抗体作製受託サービスと抗体親和性成熟受託サービス」
  今 義拓
  極東製薬工業(株) 産業営業部 副部長
・「With/Post新型コロナ時代の新規創薬基盤となるマイコプラズマ感染症(MID) モダリティ(Modality)、およびMID Platform」
  松田 和洋
  エムバイオテック(株) 代表取締役 マイコプラズマ感染症研究センター長
・「CAIDx: AIで進める疾病理解とコンパニオン診断」
  齋藤 敬太
  (株) biomy 最高執行責任者
・「Brain Access (TM) to CNS Therapies: Targeted Drug Delivery Technology」
  鰐渕 文一
  (株)ブレイゾン・セラピューティクス 臨床開発部 部長
・「迅速・網羅的抗体取得技術 Ecobody技術を用いた新規抗体医薬品の開発」
  天草 陽
  iBody(株) 代表取締役
・「おわりに」
  渡邊 正人
  (一財)バイオインダストリー協会 先端技術・開発部 部長


詳しいスケジュールは、こちら をご参照下さい。
※講演プログラム・講師について ⇒  こちら をご参照下さい。

※出展者プレゼンテーションの聴講登録は不要です。事前のご来場登録ののち、直接会場にお越しください。


同日開催

主催者セミナー
「創薬モダリティの進化」

【開催日時】 2020年10月16日(金)15:30 ~17:00
【開催場所】 パシフィコ横浜 アネックスホール(F205-206 会場)
【参加方法】  BioJapanウェブサイト より事前来場登録(登録料無料)が必要です。

【プログラム(概要)】
 コーディネーター:
 久保庭 均(中外製薬株式会社 顧問)
・「AI技術と創薬モダリティ〜シームレスな医療新時代〜」
  栄木 憲和
  エイキ コンサルティング
・「JBA創薬モダリティ基盤研究会活動報告」
  和田 猛
  東京理科大学 薬学部 教授
・「遺伝子細胞治療の現状と今」後
  木村 正伸
  タカラバイオ(株) 取締役 臨床開発本部長

記事一覧へ戻る