【報告】緊急特別講演Ⅴ「新型コロナウイルスとの対峙:創薬支援AIシステム「Cascade Eye」を用いたCOVID-19候補治療薬探索プロジェクト」

開催報告

 ■開催報告[JBA会員限定]  ※マイページにログインしてください。
  概要  こちら (PDF 740KB)

新型コロナウイル感染症をめぐる情勢はなお厳しく、予断を許さない状況です。今回は、創薬支援AIシステムを用いた COVID-19候補治療薬探索についての講演動画を、JBA会員様限定で配信致します。
本緊急特別講演の動画は、JBA会員限定でマイページから聴講いただけます。
※ 配信期間を延長しました。こちらより、マイページに登録のうえ、ご覧下さい。
この機会に是非、マイページにご登録下さい。 

配信開始 2020年7月13日(月)
視聴方法 ご視聴の際は、マイページに ログイン して下さい。
主催 (一財)バイオインダストリー協会
備考 動画の表示が遅い場合は、しばらく時間をおいて再度アクセスして下さい。
※アクセスの集中が予想されます。あらかじめご了承下さい。

プログラム

テーマ 創薬支援AIシステム「Cascade Eye」を用いたCOVID-19候補治療薬探索プロジェクト
講師 山本 麻理 氏((株)FRONTEO 取締役 社長室長 兼 ライフサイエンスAI事業本部長)
内容 (株)FRONTEOは、人工知能(AI)を搭載した「Cascade Eye」を利用し、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するドラッグリポジショニング(既存薬の転用)の研究を進め、COVID-19に関連する標的分子の探索を行っている。「Cascade Eye」は疾患の原因分子や発症メカニズムなどを可視化するため独自開発したAIシステムである。 講演では、新型コロナウイルス感染症への対応に加え、AIを活用した創薬支援、医者と患者の会話から認知機能障害の重症度などを判別する診断システムの研究開発についても触れる。
yamamoto_L.jpg
※山本 麻理氏へのご質問、ご感想等はご所属とお名前を添えて、メールで こちら までお願いします。

参加方法

参加費 無料、JBA会員限定
※8月17日(月)正午までの期間限定配信
視聴方法 マイページにログイン(ご登録がお済みでない方はご登録)のうえ、動画配信サイトからご覧ください。
※マイページのログイン・新規ご登録は こちら
お問い合わせ 〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-26-9 グランデビル8階
(一財)バイオインダストリー協会
TEL:03-5541-2731
(担当:岸本、矢田)

記事一覧へ戻る