【報告】創薬モダリティ基盤研究会「世界の創薬モダリティ技術のトレンドを探る」Part2

講演会・セミナー 医薬

更新日:2020年6月30日

開催報告 

 ■開催報告[JBA会員限定]  ※マイページにログインしてください。  
       概要  こちら (PDF 563KB)

 新型コロナウイル感染症をめぐり、世界各国で様々なモダリティを用いた治療薬、ワクチンの開発が進められています。 JBA創薬モダリティ研究会では、3月2日に開催を予定しておりました講演会「世界の創薬モダリティ技術のトレンドを探る」より、川口 実太郎氏((株)IDファーマ 細胞工学室長)に登壇いただき、講演動画をJBA会員限定で配信致します。
本動画は、JBA会員限定でマイページから聴講いただけます。
※ 1か月間の限定配信です。こちらより、マイページに登録のうえ、ご覧下さい。
この機会に是非、マイページにご登録下さい。

配信期間 2020年7月3日(金)16:00 より配信予定 ~ 8月7日(金)12:00
※約1か月間の限定配信です。
視聴方法 ご視聴の際は、マイページに ログイン して下さい。
主催 (一財)バイオインダストリー協会 創薬モダリティ基盤研究会
備考 動画の表示が遅い場合は、しばらく時間をおいて再度アクセスして下さい。
※アクセスの集中が予想されます。あらかじめご了承下さい。

プログラム

テーマ SeVベクターを用いた細胞治療・再生医療・遺伝子医薬事業
講師 川口 実太郎 氏((株)IDファーマ 営業推進室長)
内容 IDファーマは、ベクター開発・製造において優れた技術を有し、特に独自の基盤技術であるセンダイウイルス(SeV)ベクターは、安全性と遺伝子導入効率に優れ、ベクターの世界標準の一つになると期待されている。講演では、センダイウイルスの基本的性質、センダイウイルスのベクターテクノロジー、センダイウイルスベクターの遺伝子治療等・細胞工学への応用、センダイウイルスベクターを利用した新しい遺伝子編集技術等について紹介する。また、新型コロナウイルスワクチンの開発を開始しており、センダイウイルスベクター活用法の一例として紹介する。
質疑応答を含め約1時間のご講演です。

■講演資料[会員限定]
こちら (PDF 5.3MB)
※マイページにログインしてください。

※川口 実太郎氏へのご質問、ご感想等はご所属とお名前を添えて、メールで こちら までお願いします。

参加方法

参加費 無料、JBA会員限定
※8月7日(金)正午までの期間限定配信
視聴方法 マイページにログイン(ご登録がお済みでない方はご登録)のうえ、動画配信サイトからご覧ください。
※マイページのログイン・新規ご登録は こちら
お問い合わせ 〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-26-9 グランデビル8階
(一財)バイオインダストリー協会  TEL:03-5541-2731
(担当:渡邊、岸本、橋本、矢田)

記事一覧へ戻る