【報告】 緊急特別講演II 「新型コロナウイルスとの対峙:攻めの防疫と全自動迅速検査」

                 

開催報告

■開催報告[JBA会員限定]  マイページにログインしてください。  
                      養王田正文氏 概要  こちら (PDF 636KB)
                      水谷 哲也氏 概要  こちら (PDF 865KB)

新型コロナウイルス感染防止に向けて各所で対応がとられています。この先どのようになっていくのか、不安に負けず冷静に前を向いて進んでいきましょう。
(一財)バイオインダストリー協会では、緊急特別講演II「新型コロナウイルスとの対峙:攻めの防疫と全自動迅速検査」と題し、特別講演をJBA会員限定で配信致します。
本緊急特別講演の動画は、JBA会員限定でマイページから聴講いただけます。
※ 約1か月間の限定配信です。 こちら より、マイページに登録のうえ、ご覧下さい。
この機会に是非、マイページにご登録下さい。

配信期間 2020年4月9日(木)16:00より順次配信 ~ 5月27日(水)12:00
※約1か月間の限定配信です。
視聴方法 ご視聴の際は、マイページに ログイン して下さい。
主催 (一財)バイオインダストリー協会
備考 動画の表示が遅い場合は、しばらく時間をおいて再度アクセスして下さい。 ※アクセスの集中が予想されます。あらかじめご了承下さい。

プログラム

テーマ1「全自動PCR装置「geneLEADシステム」の開発と新型コロナウイルスの検出への利用」
講師 養王田 正文 氏(東京農工大学大学院 工学研究院 生命機能科学部門 教授)
配信期間 2020年4月9日(木)16:00~ 5月27日(水)12:00
※約1か月半の限定配信です。
内容 演者は、Precision System Science社(PSS社)と磁性体を用いたDNA、遺伝子の抽出や機能解析等について共同研究を行い、その結果としてPSS社によりDNA抽出からリアルタイムPCRを全自動化したgeneLEADシステムが開発された。この度、東京農工大学水谷教授、千葉県衛生研究所と共同で、新型コロナウイルスに対するgeneLEADシステムの有効性を実サンプルを用いて検証した。検査の負担軽減、ヒューマンエラーの低減など信頼性の向上、迅速化への道を開き、臨床現場での活用に向けた準備を進めている。
  テーマ2 「新型コロナウイルスはどこから来た?!攻めの防疫のあり方」
講師 水谷 哲也 氏(東京農工大学 農学部付属国際家畜感染症防疫研究教育センター 教授)
配信期間 2020年4月20日(月)15:30~ 5月27日(水)12:00
※約1か月間の限定配信です。
内容 有史以来、新しい感染症の出現は多数ある。今回の新型コロナウイルスはどこから来たのか。人類はどう対処するべきか。
演者は、オオコウモリを対象とした生態学調査をはじめ、SARSの病原性に関する研究や未知のウイルスを発見する研究に携わってきた。未知の自然宿主からの感染も含めたエマージングウイルスへの対峙方法、攻めの感染症防疫について、わかりやすくご紹介いただく。

※養王田氏、水谷氏へのご質問、ご感想等はご所属とお名前を添えて、メールで こちら までお願いします。
※講演時間はそれぞれ40~50分を予定しております。

参加方法

参加費 無料、JBA会員限定
※5月27日(水)正午までの期間限定配信
視聴方法 マイページにログイン(ご登録がお済みでない方はご登録)のうえ、動画配信サイトからご覧ください。
※マイページのログイン・新規ご登録は こちら
お問い合わせ 〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-26-9 グランデビル8階
(一財)バイオインダストリー協会
TEL:03-5541-2731
(担当:岸本、矢田)

記事一覧へ戻る