ヘルスケア研究会が描く見守り機能を持った街と住まい:"Mother's Sense City/Home"

講演会・セミナー ヘルスケア

更新日:2020年8月 5日

JBAヘルスケア研究会が提唱する、"Mother's Sense City/Home(見守り機能を持った街と住まい)に焦点を当てます。すなわち、健康の「ものさし」を作ることで健康状態を科学的に評価することが可能になり、それはヘルスケア産業を支えるプラットフォームになることが期待されます。そしてこのようなプラットフォームができることで、見守り機能を持った街と住まいが生まれるかもしれません。

今回は、健康の「ものさし」を作る技術についてご講演いただきます。リーフレットは こちら

配信開始  2020年8月5日(水)16:00
視聴方法 マイページにログイン(登録がお済みでない方はご登録願います)の上、動画配信サイトからご覧下さい。
※マイページへのログイン、新規ご登録は こちらから
主催 (一財)バイオインダストリー協会
備考

プログラム

テーマⅠ 健康見守り型Mother's Sense City/Home
 講師: 松岡 克典 氏(JBAヘルスケア研究会 会長/(国研)産業技術総合研究所 特別顧問)
テーマⅡ 最新テクノロジーを駆使した日常動作センシング産業との関連性
 ①健康づくりのためのセンシング
  講師: 石本 明生 氏((株)HALデザイン研究所)
 ②竹中が考える健康空間プラットフォーム
  講師: 鈴木 啓 氏((株)竹中工務店)

参加方法

参加費 無料、JBA会員限定
視聴方法 マイページにログインして下さい。
お問い合わせ 〒104-0032
東京都中央区八丁堀2-26-9 グランデビル8階
(一財)バイオインダストリー協会
TEL:03-5541-2731
(担当:橋本、瀬下)

記事一覧へ戻る