【報告】"未来へのバイオ技術" 勉強会「宇宙と健康医療研究~抗加齢を中心に」

開催報告

  ■開催報告
   概要 こちら (PDF 200KB)

  ■セミナー動画配信中[会員限定] → こちら(マイページにログインしてください)
   ※講演4題(加藤先生、東谷先生、白川先生、高橋先生)のセミナー動画を配信しております。
   ※マイページについては → こちら

宇宙は人類最後のフロンティアであり、宇宙産業は我が国の国際競争力強化の鍵となる。今回は抗加齢を中心とした宇宙と健康医療研究を取り上げる。

開催日時 2018年11月6日(火)14:00~17:00
開催場所 (一財)バイオインダストリー協会
定員 60名
主催 (一財)バイオインダストリー協会
協力・協賛 (国研)宇宙航空研究開発機構(JAXA)、(公社)日本生物工学会、(公社)日本農芸化学会
備考 講演30分、質疑応答10分
15:30~15:40 休憩

プログラム

14:00~14:10 はじめに
14:10~14:50 アルツハイマー病発症メカニズムを知る鍵、「アミロイド線維」を宇宙実験でつくる
加藤 晃一 氏(大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 生命創成探究センター長)
 アルツハイマー病等の神経変性疾患や糖尿病等のアミロイド線維関連疾患の発症には、タンパク質が規則正しく重合した「アミロイド線維」の蓄積が深く関わっている。したがって、それらの疾患治療や予防のためには、アミロイド線維の形成機構を理解することが重要である。演者らは、アルツハイマー病を引き起こすとされるアミロイドβ線維を実験対象とし、宇宙で高品質のアミロイド線維を得ることで線維形成機構を理解するプロジェクトに取り組んでいる。これにより、疾患の発症機構の解明や発症の新たなリスク評価方法の構築、さらにアミロイド線維伸長を止める新たな治療薬候補の設計のきっかけを掴むことを目指している。
14:50~15:30 宇宙環境が細胞レベルに及ぼす影響を線虫で解明する! ~紫外線、ミトコンドリア障害ならびに放射線応答     
東谷 篤志 氏(東北大学大学院 生命科学研究科 教授)
 演者らは、モデル生物の一つである線虫C. elegansを用いて、微小重力や宇宙放射線をはじめとする複合的な宇宙環境ストレスが生物に及ぼす影響について調べることを目的としている。これまでに国際宇宙線虫実験ICE-firstに参画し、宇宙で成長した線虫において、筋肉関連の幾つかの遺伝子群ならびにタンパク質が発現レベルで顕著に低下することを見出した。また過重力による影響は受精直後の卵核の減数分裂に影響を及ぼすことも証明した。さらに放射線など様々な環境ストレスの生物影響について、各種突然変異体やRNA干渉法による特異的な遺伝子発現の抑制体とDNAマイクロアレイを用いることにより、ゲノムワイドな分子モニターができることを明らかにしてきた。講演では複合的な宇宙環境ストレスが個体レベルに及ぼす分子影響を解析する上で、モデル生物の線虫が大変有効であることを最新の研究成果とともに紹介する。
15:40~16:20 世界初、宇宙空間でμg から1g を可変できる実験環境"MARS"
白川 正輝 氏(宇宙航空研究開発機構(JAXA) 有人宇宙技術部門 きぼう利用センター技術領域主幹)
 「きぼう」における可変人工重力環境の研究プラットフォーム"MARS"-Multiple Artificial-gravity Research System-が確立され、世界で初めて1g 以下の長期可変人工重力環境での小動物(マウス)個別飼育に成功し、μg~1gのほ乳類への重力影響を評価することが可能となった。地上のヒトの加齢や健康医療研究のみならず、重力が地球のおよそ1/6の月や、およそ1/3の火星を想定した研究に活用ができ、今後月・火星に向けた探査など宇宙に進出する人類のためのテストベットとして「きぼう」を活用し、月・火星に向けた国際宇宙探査への貢献への道が開かれた。
16:20~17:00 マウスを用いた宇宙環境応答の網羅的評価~実験環境"MARS"を用いたマウス骨格筋への重力影響評価を中心に
高橋 智 氏(筑波大学医学医療系 生命科学動物資源センター 教授)
 無重力や放射線などの宇宙環境に対する統合的な生物応答メカニズムの解明は、重力生物学と宇宙放射線生物学におけるISSならでは最先端テーマであり、生命科学分野のきぼう利用シナリオの重点目標に挙げられている。演者らはヒトへの適用や還元が図りやすいマウスを対象に、生物個体レベルでの長期的な環境影響変化とそれに対する環境適応の把握と、基礎的・網羅的な影響評価を行ってきた。今回は、実験環境"MARS"を用いて「きぼう」における長期飼育マウスのバランス機能、筋肉および骨の変化を調べ、重力が動物の身体そのものの形作りを決定づけることを見出したので、その最新成果を中心に報告する。
17:00~17:30 名刺交換会

参加方法

講演会参加費 JBA法人会員、JBA個人会員(アカデミア所属): 無料
協力・協賛学会会員: 無料
JBA法人会員でない企業(事業者)に所属する個人会員: 5,000円(税込)
非会員: 10,000円(税込)
お問い合わせ 〒104-0032
東京都中央区八丁堀2-26-9 グランデビル8階
(一財)バイオインダストリー協会
TEL:03-5541-2731
(担当:矢田、秋元、穴澤)

記事一覧へ戻る