【報告】"未来へのバイオ技術"勉強会「量子生命科学」

講演会・セミナー 基盤技術

更新日:2020年9月25日

※9月25日(金)16:00より講演動画の配信を開始しました。
本動画は、JBA会員限定でマイページから聴講いただけます。
(1か月間の限定配信です。こちらより、マイページに登録のうえ、ご覧下さい。)

配布資料

■配布資料[会員限定]    ※マイページにログインしてください。
     配布資料  こちら
(PDF 4.7MB)

【JBA会員限定】

量子生命科学とは、量子論・量子力学を基盤とした視点から生命全般の根本原理を明らかにすると同時に、医療・工業・情報・宇宙・環境・農業・エネルギー等の分野において革新的応用を目指す新しい学術領域である。新たな学術領域「量子生命科学」のビジョンと課題についてわかりやすく紹介する。

開催日時 2020年9月10日(木)15:00~16:30
会場 (一財)バイオインダストリー協会
定員 会議室 20名 + Zoom配信(定員90名、予定)
※3密を避け、新しい生活様式に沿って開催
主催 (一財)バイオインダストリー協会 先端技術・開発部 事業連携推進部
備考 ※後日、マイページでオンデマンド配信を予定しています(期間限定)

プログラム

15:00~15:40 量子生命科学は生命全般の根本原理を明らかにし革新的応用を目指す
馬場 嘉信 氏((国研)量子科学技術研究開発機構 量子生命科学領域 領域長)
量子生命科学とは、量子もつれや量子コヒーレンスなど第2次量子革命をもたらす最先端の量子論・量子力学を基盤として生命全般の根本原理を明らかにすると同時に、医療・情報・工業・エネルギー・農産業・環境・宇宙等の様々な分野において革新的応用を目指す新たな学術領域である。
最新の量子科学技術を生命科学の分野に利用することで、従来不可能であった精度や感度での量子レベルの生命現象の計測・モデリング等を実現することや生きたままの細胞・器官・個体における多様な生命現象の観測が期待できる。個々の分子機能や分子間相互作用から細胞・器官・個体といった階層の生体システムまでに至る生命の全体像を相対的・動的に理解する、いわば「構造から機能へ」の生命科学のパラダイムシフトを実現しようとする新たな学術領域「量子生命科学」のビジョンと課題についてわかりやすく紹介する。
15:40~16:00 質疑応答
16:00~16:30 密にならない名刺交換

参加方法

講演会参加費 無料(JBA会員限定)
会場参加 下記のお問い合わせ担当者宛に、組織名・氏名・電話番号を明記したメールをご送付下さい。
Zoom参加 下記フォームよりお申し込みください。
お申し込み締め切り: 9月3日(木)
お問い合わせ (一財)バイオインダストリー協会
〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-26-9 グランデビル8階
TEL: 03-5541-2731 
(担当:岸本、森下、矢田)
E-mail:mirai(at)jba.or.jp ((at)を@に変えてください)

Zoom参加お申し込みフォーム

9月3日17時をもってお申し込みの受付を終了しました。

記事一覧へ戻る