【動画配信】"未来へのバイオ技術"勉強会「千年カルテ」

※ 7月9日(金)16:00より講演動画の配信をしています。

本動画は、JBA会員限定でマイページから聴講いただけます。
※講演2題(吉原先生、杉山様)のセミナー動画を配信しております。

※ 6か月間の限定配信です。こちらより、マイページに登録のうえ、ご覧下さい。

配布資料

   ■配布資料[会員限定]    ※マイページにログインしてください。
    吉原 博幸 氏 こちら(PDF 4.6MB)
    杉山 洋 氏  こちら(PDF 4.8MB)
*千年カルテの問い合わせは以下よりお気軽にご質問下さい。
  こちらより

With/after コロナ時代のウェルネステクノロジーシリーズ1

千年カルテとは何か、背景、しくみ、支える技術、課題と将来展望について、ご紹介いただく。

開催日時 2021年6月22日(火) 14:00~15:30
セミナー形式 Zoom配信(定員200名)
主催 (一財)バイオインダストリー協会
企画協力 JBAヘルスケア研究会
協力・協賛 (公社)日本生物工学会(予定)

プログラム

14:00~15:00 千年カルテ: 医療データ活用の先にある未来
吉原 博幸 氏((一社)ライフデータイニシアティブ 代表理事、京都大学・宮崎大学名誉教授)
杉山 洋 氏((株)NTTデータ 部門執行役員 製造ITイノベーション事業本部 副事業本部長 兼 第四製造事業部長)
日本の医療データは、個人に関わる機微な情報として取扱いが厳格化されており、情報を収集する仕組みの構築や統一フォーマットの策定も進んでいなかった。これらの課題を解決し、医療分野における効果的なデータ活用を実現するための取組みが「千年カルテ」である。医療データの二次利用は、医療の高度化や製薬研究に大きな効果が期待できる。2001年から日本版EHR(Electric Health Record)を牽引してきた(一社)ライフデータイニシアティブが中心となり「千年カルテ」として始動したのが2015年。(国研)日本医療研究開発機構(AMED)の研究公募事業に採択され、2018年5月の次世代医療基盤法施行で取組みが本格化し、法的問題の解決も含め、2019年からの自立運営に向けた準備が進められてきた。
本セミナーでは、吉原氏より 次世代医療基盤法に関する認定までの道程、認定後の展望、なかでも創薬や食&ウェルネスの領域で、どのような貢献が期待されるかについて、続いて(株)NTTデータの杉山氏に、本事業の課題と展望について、主に技術面、システム面からご紹介いただく。
15:00~15:30 質疑応答

※講演プログラム・講師について ⇒  こちら をご参照下さい。(PDF 929KB)

参加方法

講演会参加費 無料
Zoom参加 下記フォームよりお申し込みください。
お申し込み締め切り: 6月18日(金) 12:00
お問い合わせ (一財)バイオインダストリー協会
〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-26-9 グランデビル8階
TEL: 03-5541-2731  (担当:矢田、橋本、岸本)
E-mail:miraibio(at)jba.or.jp ((at)を@に変えてください)

Zoom参加お申し込みフォーム

6月18日12時をもってお申し込みの受付を終了しました。以降のお申し込みにつきましては担当者にご連絡ください。

記事一覧へ戻る