【動画配信】「食」により「人と社会と地球」の健康を創造するためのバイオ技術研究会(仮称)設立準備勉強会 キックオフミーティング

※ 3月3日(木)16:00より講演動画を配信をしています。

本セミナーの動画は、マイページから聴講いただけます。
(講師のご厚意により Channel JBA から一般の方にもご覧いただけるように致しました。)

※講演5題(阿部 啓子氏、神山 侑也 氏、坂元 雄二 氏、小川 順 氏、総合討論)の動画を配信しております。
こちらよりマイページにログインしてください。
※ 6か月間の限定配信です。

配布資料

   ■配布資料 
    阿部 啓子 氏 こちら (PDF 1.1MB)
    神山 侑也 氏 こちら (PDF 2.5MB)
    小川  順 氏 こちら (PDF 1.6MB)

   ■配布資料[会員限定]
こちらよりマイページにログインしてください。
   坂元 雄二 氏  こちら(PDF 6.5MB)
*JBA非会員の方で、閲覧希望の方は こちら  までお問い合わせください。
   
【オンライン、無料、公開イベント】
(一財)バイオインダストリー協会(JBA)では、2022年度、食に関する新たな研究会を立ち上げ、世界に貢献したいと考えている。本イベントではその趣旨を紹介し、共に活動いただける方を募りたい。

開催日時 2022年2月28日(月)14:00~16:00
会場 (一財)バイオインダストリー協会
定員 Zoom配信(定員200名)
主催 (一財)バイオインダストリー協会

プログラム

14:00~14:10 【Keynote Speech】食とバイオで人と社会と地球の健康に貢献する
阿部 啓子((一財)バイオインダストリー協会 会長)
食と栄養は、SDGsの17の開発目標のうち少なくとも12に関わるとされている。新たな研究会では、サイエンスに基づいた世界に勝てるフードバイオテックと、それを支える周辺技術は何かを整理し、議論したい。「日本の強み」を見出し、産官学で共創し、人と社会と地球の健康に貢献したい。その準備段階として、この勉強会をスタートしたい。
14:10 ~14:20 世界の食の課題を解決する日本のフードテック
神山 侑也 氏(経済産業省 フードテック若手有志チーム)
新型コロナウイルスの感染拡大や自然災害の増加といったグローバルな変化を背景に、食に関する課題が世界で顕在化している。日本のフードテックにはこうした課題の解決に貢献し、世界で戦うポテンシャルがある。フードテックに関する日本・海外の状況や、経済産業省の取組を紹介する。
14:20~15:00 食品産業が置かれた状況と、昆虫食や培養肉等の代替タンパク質を中心としたフードテックの研究開発動向
坂元 雄二 氏(日本バイオ産業人会議(JABEX) 事務局次長)
<<キーワード>> グローバルコモンズスチュワードシップインデックス(GCSi)、フードシステム サミット、昆虫食の歴史、フードテックへの投資状況、PBS・昆虫食・培養肉等のカオスマップ
15:00~15:40 新食産業が牽引するhealthy earthとそれを支える微生物機能
小川 順 氏(京都大学大学院農学研究科 応用生命科学専攻 教授)
生産から消費、栄養・健康機能利用、保存・廃棄、再資源化にいたる新食産業を創出する潮流が、個人の健康を超え、社会の、そして地球環境の健康を意識したトランスディシプリナリー的取組みにより形成されつつある。この局面にすべからく関与するツールとしての微生物機能の俯瞰をとおして、生態系の調和と共存する、我が国が牽引すべき新食産業について考えてみたい。
15:40~16:00 総合討論

※講演プログラム・講師について ⇒  こちら をご参照下さい。(PDF 1.5MB)

参加方法

講演会参加費 無料
Zoom参加 下記フォームよりお申し込みください。
お申し込み締め切り: 2月25日(金) 12:00
*メールアドレスご入力の際はお間違いのないようごご注意ください。
*お申込時には申込完了メール、セミナー開催2日前迄にはZoomリンクURLをお送りする予定です。メールが届かない場合は、以下担当者までご連絡下さい。
お問い合わせ (一財)バイオインダストリー協会
〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-26-9 グランデビル8階
TEL: 03-5541-2731  (担当:坂元、矢田)
E-mail:miraibio(at)jba.or.jp ((at)を@に変えてください)

Zoom参加お申し込みフォーム

2月25日12時をもってお申し込みの受付を終了しました。

記事一覧へ戻る