3大学+1企業産学連携オンラインセミナー ~畑から食卓まで、美味しさと安心がつなぐ食品の科学~

コロナ禍が続くなか、まだまだ皆様とリアルに語り合うことはできませんが、"少しでも前に進みたい"との思いを胸に、3大学と味の素様による「食と美味しさ」をテーマにした学術セミナーを開催します。美味しさを感じる科学、食物アレルギーと美味しさの研究、嗅覚受容体の活性を指標とした食品風味の設計技術、そして DNA情報を活用した品種開発など4つの話題を取り上げました。ご参加をお待ちしております。

開催日時 2022年6月23日(木) 14:00~16:15
形式・定員 オンライン開催(Zoom) 500名まで
主催 (一財)バイオインダストリー協会
協力 東北大学、新潟大学、東海国立大学機構岐阜大学、東海国立大学機構名古屋大学
協賛 (公社)日本生物工学会(予定)
後援 (公社)日本農芸化学会、(公財) 木原記念横浜生命科学振興財団 (いずれも予定)
備考 各講演 発表20分、質疑応答&入替10分

プログラム

14:00~14:05 はじめに
14:05~14:35 「美味しさ」が決め手となるケア開発をめざす
内山 美枝子 氏(新潟大学大学院 保健学研究科 教授)
ある医療福祉施設の職員から「嚥下障害がある人でも美味しいものは『つるん』と飲みこむ」と聞いたことがあった。そこで「美味しい」と感じることは、生体機能の低下が生じている場合においてもその機能を維持向上するなどの影響があるのではないかと考えた。ただし「美味しさ」とは生体の感覚も複合的であり多角的な検証が必要である。そこで工学、分子生理学、栄養学、看護学の研究者で共同研究チームを立ち上げ、美味しさを感じる場合の生体反応の検証を進めてきた。本演題ではその成果からケアや食品開発の可能性について考える機会にしたい。
14:35~15:05 食物アレルギー対応食品を事例とした個人の嗜好に合うおいしさの研究
柴田 奈緒美 氏(東海国立大学機構岐阜大学 教育学部 助教)
"おいしさ"とは食べるときの味そのものだけでなく、におい、食感、その場の雰囲気や体調など、多くの要因に影響されて感じるものである。また、ヒトによっておいしさの基準は異なると推察されることから、全てのヒトがおいしいと感じる調理品の調理 / 製造は現実的に困難であると考えられる。ところで、近年、食に係わる課題のひとつに食物アレルギー有病者の増加が挙げられ、喫食できる調理品が制限される人の食の QOL 向上が求められている。本演題では、このような背景から現在取り組んでいる、食物アレルギーの有無に関わらず、個人の嗜好に応じて"おいしい"と感じる調理方法を見つけ出すことが可能なツールの開発について紹介する。
15:05~15:35 嗅覚受容体活性を指標とした食品風味設計技術の確立と実装
伊地知 千織 氏(味の素(株) 食品研究所 技術開発センター風味制御G)
食品香気設計においては、香気成分の分析と官能評価によりその特徴や機能が記述され、活用されてきた。当社ではそれらに加えて、嗅覚受容体活性を指標とする香りのデジタル化、可視化を基盤とした食品風味設計の高度化・自動化を可能にする技術開発を進めている。これにより減塩・減糖など健康ニーズやサステナブルな社会の実現を満たしながら、おいしさを保つ風味設計を可能にするだけでなく、飲食の価値を最大化する風味設計技術の開発を目指している。
15:35~16:05 Seed to Eat(タネから食卓まで)!? DNA情報を活用した品種の開発と食品トレーサビリティシステムの構築
松尾 歩 氏(東北大学 農学研究科 学術研究員)
「生きることは食べること」であり、新たな種苗の開発は、地球環境変動への適応や人口増加による食料危機の解決において不可欠だと言えます。その一方で、開発された種苗が不正に流出し、種苗の開発者・生産者の努力が報われない事例が年々増加しています。このような社会課題を解決するために、私達は独自の DNA分析技術を活かし、DNA情報を活かした"種苗の開発"と"食品トレーサビリティシステムの構築"を目指した活動に取り組んでいます。
16:05~16:15 おわりに

※講演プログラム・講師について ⇒  こちら をご参照下さい。(PDF 105KB)

参加方法

講演会参加費 無料(どなた様でもご参加いただけます)
Zoom参加 下記フォームよりお申し込みください。
お申し込み締め切り: 6月21日(火) 17:00
※事前参加申込制
※ご連絡先は主催者・協力機関・講師・各大学URAで共有いたします。
*メールアドレスご入力の際はお間違いのないようごご注意ください。
*お申込時には申込完了メール、セミナー開催2日前迄にはZoomリンクURLをお送りする予定です。メールが届かない場合は、以下担当者までご連絡下さい。
お問い合わせ (一財)バイオインダストリー協会
〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-26-9 グランデビル8階
TEL: 03-5541-2731  (担当:矢田、岸本)
E-mail:miraibio(at)jba.or.jp ((at)を@に変えてください)

Zoom参加お申し込みフォーム

6月21日17時をもってお申し込みの受付を終了しました。

記事一覧へ戻る