"未来へのバイオ技術"勉強会 「シン・育種法」

新しくユニークな生物育種方法と細胞評価法を取り上げ、それらの社会実装の可能性について討論したい。

開催日時 2022年8月8日(月)15:00~17:30
セミナー形式 Zoom配信(定員200名)
主催 (一財)バイオインダストリー協会
協賛 (公社)日本生物工学会(予定)
後援 (公社)日本農芸化学会(予定)

プログラム

15:00~15:40 スプレーで植物を改変~簡便な非遺伝子組換え植物改変法の開発
沼田 圭司 氏((国研)理化学研究所 環境資源科学研究センター バイオ高分子研究チームチームリーダー、京都大学大学院 工学研究科 教授)
「細胞透過性ペプチド(CPP)」を基盤としたナノサイズの担体を用いてスプレーで噴霧することで、核酸を植物へ導入することに成功した。この手法により、植物細胞内または葉緑体内で、導入した外来DNAから一過的にそのタンパク質を産生させ、また、siRNAの導入により植物細胞内で目的タンパク質の発現を抑制することに成功した。非遺伝子組換えにより農作物を一過的に形質改変したものであり、耐病原性の付与や代謝産物の改変に貢献すると期待できる。スプレーによる噴霧処理は、農場などの大きな規模でも対応可能な技術である。
15:40~16:20 外部から遺伝物質を持ち込まずにゲノムを改良する新技術「TAQing2.0」の開発
太田 邦史 氏(東京大学 大学院総合文化研究科 広域科学専攻 教授)
多くの遺伝子が関わる複雑な形質を高速で改良できるゲノム再編成誘発技術「TAQingシステム」を改良し、外来のDNAやRNAを一切導入せずにゲノム育種を行う新技術「TAQing2.0」を開発した。本技術では、細胞膜貫通ペプチドを用いてDNA切断活性をもつタンパク質を細胞内に導入し、大規模かつランダムにゲノム全体を再編成させることができる。本技術により、生物の交配(有性生殖)が不能で通常の交配による育種が不可能な産業用微生物において、形質の効率的な改良が可能になった。この技術を種々の生物に応用することで、従来得られなかった新しいタイプの作物品種や変異株を効率的かつ高速に取得することが可能になる。また、得られた改良株には外来DNAが一切含まれていないため、これまでの遺伝子組換え生物よりも社会的に受容されやすいと期待される。
16:20~17:00 細胞育種に生かすサンプル非破壊型細胞評価技術CRIF法
野村 暢彦 氏 (筑波大学 生命環境系 教授、筑波大学微生物サステイナビリティ研究センターセンター長)
カンキツの育種において、演者らは、細胞の自家蛍光パターンを指標に、1細胞レベルの解像度で非破壊的に細胞の種類を識別し、細胞の代謝状態を推測することができる革新的な細胞評価技術"CRIF法(Confocal Reflection microscopy-assisted single-cell Innate Fluorescence) "を開発した。同法は、反射顕微鏡法で細胞の位置および形態情報を共焦点レーザー顕微鏡法により細胞の自家蛍光情報を取得し、各細胞を識別する「細胞の指紋」を取得することができる。さらに、「細胞の指紋」 を様々な種類の機械学習に供することで、高精度な細胞種の識別や代謝状態の予測が可能である。生きたままのintactな細胞の性質を1細胞レベルで解析できるシンプルな手法であるため、様々な分野の細胞育種技術、幹細胞の分化誘導技術、人工細胞合成技術など細胞の性質評価が必須の技術を効率化させる鍵となる技術である。
17:00~17:30 クロストーク

※講演プログラム・講師について ⇒  こちら をご参照下さい。(PDF 1.17MB)

参加方法

講演会参加費 無料
Zoom参加 下記フォームよりお申し込みください。
お申し込み締め切り: 8月5日(金) 12:00
*お申込時には申込完了メール、セミナー開催2日前迄には開催通知をお送りする予定です。メールアドレスご入力の際はお間違いのないようご注意ください(間違っていたら開催通知が届きません)。
*ご記入いただいた個人情報は、本セミナーに関する申込者との連絡の他、JBAメールニュース・セミナーニュース等でのセミナー等ご案内に利用させていただきます。また講師・関係者とも参加者情報を共有いたします。
*メールが届かない場合は、開催の1営業日前までに下記担当者にご連絡下さい。
お問い合わせ (一財)バイオインダストリー協会
〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-26-9 グランデビル8階
TEL: 03-5541-2731  (担当:矢田、岸本)
E-mail:miraibio(at)jba.or.jp ((at)を@に変えてください)

Zoom参加お申し込みフォーム

マイページ登録がお済みの方は、ログインしていただくと、登録情報が入力フォームに反映されます。
ご所属がない方は「個人」とご入力下さい。
ご所属がない方は「コジン」とご入力下さい。
入力例:03-1234-5678

会員種別必須
興味のある分野
興味のある事業
本セミナーはどのようにお知りになりましたでしょうか?
ご記入いただいた個人情報は、本セミナーに関する申込者との連絡の他、JBAメールニュース・セミナーニュース(毎週月・木曜日配信)でのセミナー等ご案内に利用させていただきます。ご案内が不要の場合は、JBAセミナーニュースの「案内不要」にチェックしてください。
JBAメールニュース・セミナーニュース
※確認画面からお申込み情報を送信される際、「この内容で送信する」ボタンは1回のみクリックしてください。

記事一覧へ戻る