JBAバイオエンジニアリング研究会「バイオエンジニアリングにおける国際的人材の養成」 小委員会(第6回)

【JBAバイオエンジニアリング研究会会員、JBA法人会員、JBA個人会員(アカデミア)限定】

「バイオエンジニアリングにおける国際的人材の養成」小委員会では、これまで世界のバイオテクノロジー、ライフサイエンス分野をリードする企業や世界規模で急成長している多国籍企業の方々から各自のこれまでのキャリアやその中で得てきた経験やネットワークなどについてご紹介いただいてきました。その中で日本のバイオ業界における課題やこれから取り入れていきたいことなどについて議論してきました。また、指導的立場にある方々からもアドバイスをいただいてまいりました。今回は、バイオインダストリーにおけるKey Opinion Leader(KOL)の久保庭均氏(中外製薬(株) 顧問)にご講演いただけることになりましたので、ご案内いたします。

開催日時 2022年8月26日(金) 11:00~12:15
セミナー形式 MS-Teams配信(定員120名)
主催 (一財)バイオインダストリー協会 バイオエンジニアリング研究会
備考 オーガナイザー:湯本 史明 氏(Ginward Japan(株) 代表取締役)
座長:津本 浩平 氏(東京大学大学院 工学系研究科バイオエンジニアリング専攻 教授)

プログラム

11:00~11:05 開会の挨拶と講演者のご紹介
津本 浩平 氏(東京大学大学院 工学系研究科バイオエンジニアリング専攻 教授)
11:05~11:55 私の「グローバル事始」-製薬企業での経験を通じて-
久保庭 均 氏(中外製薬(株) 顧問、JBA運営会議 議長、創薬モダリティ基盤研究会 会長)
 久保庭氏は、日本発・世界初の抗IL-6受容体抗体アクテムラやFIXa/Xバイスペシフィック抗体ヘムライブラなどの製品化における処方設計研究や工業化検討、CMC開発、サプライチェーン・マネジメントにおいて、バイオ医薬品製造の責任者として重責を担われ、大きな貢献をされていらっしゃいます。
 本講演では、NIHでのご研究経験、その後のロシュ社、ジェネンテック社とのアライアンス業務などを通じた国際的なご経験について、さらには当時、ご自身や会社、分野全体に対し、どのような思いやビジョンをもってお仕事に取り組まれていたか、お話いただきます。
 バイオ医薬品の国内製造力やサプライチェーンの強化に向けて、様々なプロジェクトが推進され始めた現在、今回の久保庭氏のご講演から、これからの日本のバイオ産業を支えていく国際的な人材の育成に向けて多くのヒントがいただけるものと思います。多くの皆様にご参加いただければと願っております。
11:55~12:10 質疑応答
12:10~12:15 閉会の挨拶
津本 浩平 氏(東京大学大学院 工学系研究科バイオエンジニアリング専攻 教授)

※講演プログラム・登壇者について ⇒  こちら をご参照下さい。(PDF 356KB)

参加方法

講演会参加費 無料
MS-Teams参加 下記フォームよりお申し込みください。
お申し込み締め切り: 8月24日(水) 12:00
*メールアドレスご入力の際はお間違いのないようごご注意ください。
*お申込時には申込完了メール、セミナー開催2日前迄には開催通をお送りする予定です。
メールが届かない場合は、以下担当者までご連絡下さい。
お問い合わせ (一財)バイオインダストリー協会
〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-26-9 グランデビル8階
TEL: 03-5541-2731  (担当:橋本、岸本、矢田)
E-mail:miraibio(at)jba.or.jp ((at)を@に変えてください)

MS-Teams参加お申し込みフォーム

マイページ登録がお済みの方は、ログインしていただくと、登録情報が入力フォームに反映されます。
ご所属がない方は「個人」とご入力下さい。
ご所属がない方は「コジン」とご入力下さい。
入力例:03-1234-5678

会員種別必須
興味のある分野
興味のある事業
本セミナーはどのようにお知りになりましたでしょうか?
ご記入いただいた個人情報は、本セミナーに関する申込者との連絡の他、JBAメールニュース・セミナーニュース(毎週月・木曜日配信)でのセミナー等ご案内に利用させていただきます。ご案内が不要の場合は、JBAセミナーニュースの「案内不要」にチェックしてください。
JBAメールニュース・セミナーニュース
※確認画面からお申込み情報を送信される際、「この内容で送信する」ボタンは1回のみクリックしてください。

記事一覧へ戻る