"未来へのバイオ技術"勉強会「ssPalmが拓くRNA創剤基盤」

講演会・セミナー 医薬 基盤技術

更新日:2020年9月29日

遺伝子治療や個別化医療の実現を大幅に加速する新素材(ssPalmO-Phe)について紹介する。

開催日時 2020年11月16日(月) 15:00~16:30
会場 (一財)バイオインダストリー協会
定員 会議室 20名(ライブビューイング) + Zoom配信(定員90名)
※3密を避け、新しい生活様式に沿って開催
主催 (一財)バイオインダストリー協会
共同企画 創薬モダリティ基盤研究会
備考 ※後日、マイページでオンデマンド配信を予定しています。

プログラム

15:00~15:05 趣旨説明 
15:05~16:00 ssPalmが拓くRNA創剤基盤
秋田 英万氏(千葉大学薬学部・大学院薬学研究院 薬物学研究室 教授)
遺伝子治療の実現には、細胞外における安定性と細胞内における崩壊性を兼ね備えた素材の開発が必要とされてきた。
演者らは、日油(株)と共同で、細胞の中に取り込まれた後に、自らを分解することで効率的な核酸の細胞内放出を可能とする新素材(ssPalmO-Phe)を開発した。本素材は核酸を核とする脂質ナノ粒子を形成し、細胞内の環境に応答して生体膜を突破し、さらに自己分解することで内封薬物(核酸)を効率的に細胞質まで送達する。静脈内投与により、肝臓にRNA分子を送達することができ、遺伝子編集にも応用できることが示された。本研究は特に、核酸(RNA)を基盤とする遺伝子治療や個別化医療の実現を大幅に加速するための技術として期待される。
講演では、開発の経緯や、他の脂溶性足場を有するラインナップのコンセプトや応用も含めて紹介いただく。
16:00~16:30 質疑応答

※講演プログラム・講師について ⇒  こちら をご参照下さい。(PDF 901KB)

参加方法

講演会参加費 無料(JBA会員限定)
会場参加 下記のお問い合わせ担当者宛に、組織名・氏名・電話番号を明記したメールをご送付下さい。
Zoom参加 下記フォームよりお申し込みください。
お申し込み締め切り: 11月10日(月) 17:00
お問い合わせ (一財)バイオインダストリー協会
〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-26-9 グランデビル8階
TEL: 03-5541-2731  (担当:矢田、渡邊、岸本、橋本)
E-mail:miraibio(at)jba.or.jp ((at)を@に変えてください)

Zoom参加お申し込みフォーム

マイページ登録がお済みの方は、ログインしていただくと、登録情報が入力フォームに反映されます。

入力例:03-1234-5678


会員種別必須

個人会員の種別については、こちらからお尋ねする場合がございます。

JBAセミナーに今年度初めて参加申込する方は、お手数ですが以下の住所のご記入をお願いします。

入力例:123-4567

本セミナーはどのようにお知りになりましたでしょうか?必須

ご記入頂いた個人情報は、本セミナーに関する申込者との連絡の他、JBAメールニュース(毎週木曜日配信)でのセミナー等ご案内に利用させていただきます。ご案内が不要の場合は、JBAメールニュースの「案内不要」にチェックしてください。

JBAメールニュース

※確認画面からお申込み情報を送信される際、「この内容で送信する」ボタンは1回のみクリックしてください。

記事一覧へ戻る