JBA知的財産委員会セミナー「植物性原料のおいしさを引き出す技術と日本人向けアプリケーション」

法整備 知財 講演会・セミナー

更新日:2021年2月 4日

 世界的な人口増加と環境変動の中、食糧問題とりわけ動物由来タンパク質資源不足が深刻な問題となっている。植物原料が動物肉代替として注目され、健康に対する意識の高まりからも、植物性食品への期待がますます大きくなっています。
 本講演では、幅広い分野に向けて植物性素材を提供している ADM 社より、植物性ミート向け大豆タンパク質原料をはじめ、果物素材や低GI(Glycemic Index)ナチュラルシロップなど、植物性食品をより美味しく、健康的に摂取するための新技術、応用例を紹介いただきます。また、日本と欧米の植物性食品に対するニーズの比較解析から、日本市場向け新タイプの植物性食品を提案いただきます。

開催日時 2021年3月11日(木)14:30~15:55
セミナー形式 ZOOM配信
定員 90名
主催 (一財)バイオインダストリー協会
共催 知的財産戦略ネットワーク(株)(IPSN)
備考 ※本セミナーはJBA・IPSN会員限定になります。
※セミナー終了後、マイページより動画のオンデマンド配信を予定しています。
※講演プログラム・講師について⇒  こちら をご参照下さい(PDF 273KB)。

プログラム

14:30~14:35 はじめに
14:35~15:35 「植物性原料のおいしさを引き出す技術と日本人向けアプリケーション」
岩本 豪 氏(エー・ディー・エム・ジャパン(株) マーケティング部 シニアマネージャー)
西川 忠信 氏(エー・ディー・エム・ジャパン(株) 研究開発部 アプリケーションマネージャー)
15:35~15:50 総合討論
15:50~15:55 おわりに

参加方法

参加費 無料(JBA/IPSN会員限定)
お申し込み 下記フォームよりお申し込み下さい。
申込締切:2021年3月9日(金) 17:00まで
お問い合わせ 下記メールアドレスまでお問合せ下さい。
(一財)バイオインダストリー協会
知的財産委員会 事務局 担当:村山、近藤、小山
E-mail: kikaku(at)jba.or.jp (*送信の際は、(at)を@でお願い致します)

お申し込みフォーム

3月8日17時をもってお申し込みの受付を終了しました。以降のお申し込みにつきましては担当者にご連絡ください。

記事一覧へ戻る