【報告】2020年度JBA産業と社会部会(Web開催概要)

法整備 講演会・セミナー 基盤技術 環境

更新日:2020年7月22日

開催日時 2020年6月26日(金)15:00~16:50
開催場所 (一財)バイオインダストリー協会
主催 (一財)バイオインダストリー協会 産業と社会部会
参加者 部会メンバー・関係者38名
備考 Web会議にて開催

プログラム

報告1「2019年度活動実績報告及び2020年度活動計画(案)」
講師 川嶋 伸樹((一財)バイオインダストリー協会 企画部長)
内容  2019年度活動実績については主に、規制対応に関するコンシェルジェ活動やカルタヘナ法説明会の開催、カルタヘナ法公式解説書の十数年ぶりの改訂や政策情報セミナーの開催、「みんなのバイオ学園」サイトの更新と管理について報告した。2020年度活動計画は、基本的に前年度の実施項目に則って行う予定である。規制改善について具体的な要望のあるところは事務局まで連絡してほしい。
■ 報告資料 → こちら (PDF 0.94MB)
 ※報告資料はマイページにログインの上、閲覧ください。
討議「JBAの新型コロナ対策支援「ウィズコロナ時代にどんな貢献ができるか?」」
講師 川嶋 伸樹((一財)バイオインダストリー協会 企画部長)
内容  新型肺炎の流行を受け、JBAとしては主に以下の2つの活動を開始している。他にどのような貢献ができるか、皆様からの自由なご意見を伺いたい。こうした状況は今後長期にわたり続く見通しである。JBA、また産業と社会部会として、社会や業界に対してどのような活動が考えられるか、皆様のアイデアを事務局まで寄せて頂きたい。

1)コロナ対策関連情報発信としての緊急動画配信
 4月からセミナー開催を動画配信に切替え、コロナ対策に関する動画に特に注力し、配信している。法人会員所属者は、マイページ登録をすれば視聴可能。
2)会員企業の営業活動支援としてJBA会員動画チャンネルの開始
 JBA会員を対象に、自社の製品サービス、技術などをアピールできる動画チャンネルを開始した。
■ 討議資料 → こちら (PDF 1.16 MB)
 ※討議資料はマイページにログインの上、閲覧ください。
報告2「産業界として留意すべき、生物多様性条約の下での最近の議論の動向(ポスト2020生物多様性枠組、デジタル配列情報等)」
講師 井上 歩((一財)バイオインダストリー協会 生物資源総合研究所長)
内容  2010年名古屋で開催の生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)では2020年までのミッションと愛知目標が定められ、世界中で取組みがなされてきたが、現在、2021年以降の取り組みとなる「ポスト2020生物多様性枠組み」の策定作業が進められている。この枠組みの構造と要素については各国が種々意見を表明し、それらが無調整に併記されたゼロドラフトがある。デジタル配列情報(DSI)については、データベース等で公開されているDSIも利益配分の対象とする途上国側と、反対する先進国側とで対立しており、今年3月予定の特別技術専門家部会(AHTEG会合)の結果を受け、検討されるはずであったが、同会合がコロナパンデミックの影響で延期されまだ具体化していない。日本の産業界は、経団連の生物多様性宣言や行動指針を受け自主的な活動を行っているので、ポスト2020生物多様性枠組みへの対応は既にできていると考えるが、生物多様性条約をめぐる議論の進展によっては、自主的取り組みが義務的取組みになってしまわぬよう、今後も交渉の成り行きを注視していきたい。
■ 報告資料 → こちら (PDF 0.43MB)
 ※報告資料はマイページにログインの上、閲覧ください。
報告3「組換えバキュロウイルスを利用して製造された試薬のカルタヘナ法上の取り扱い」
講師 小山 直人((一財)バイオインダストリー協会 企画部担当部長)
内容  組換えバキュロウイルスを用いて製造された試薬は(GMバキュロ試薬)、日本ではユーザーが残存ウイルスがゼロであることを合理的に判断できない限り、カルタヘナ法規制対象とされる。流通するGMバキュロ試薬は海外製品であり、組換え規制をクリアする必要もなく、残存ウイルスに関する情報はほとんどない。こうした状況は過剰規制となり、日本の国際競争力に悪影響を及ぼしていると考えられる。前年度経産省委託事業の一環で、規制対象から外すことができないかを、外部専門家、関連省庁を含むワーキンググループを結成し検討を行った。結果、GMバキュロ試薬が生物多様性リスクにつながる懸念の指摘は特になく、現行の規制を積極的に維持すべきとの意見も皆無であった。GMバキュロ試薬を規制対象外とするための考え方は主に2通りに分かれ、施行規則改正などの行政対応の他、正面から法改正をすべきとの意見も出された。今後もJBAとしては、規制解除に向け取り組んでいくので、産業界からのご協力をお願いしたい。
■ 報告資料 → こちら (PDF 3.90MB)
 ※報告資料はマイページにログインの上、閲覧ください。
お問い合わせ 〒104-0032東京都中央区八丁堀2-26-9グランデビル8F
(一財)バイオインダストリー協会 産業と社会部会事務局
Tel: 03-5541-2731 (担当:村山、小山、川嶋)

記事一覧へ戻る