【東京会場】カルタヘナ法説明会「カルタヘナ法の概要と研究開発・産業利用の留意点及び運用改善の周知」

 今年は、鉱工業利用分野での新たな申請制度が開始されるとともに、名古屋議定書が国内で発効し、利用国遵守措置(指針)が施行される大きな動きのある年となりました。
 本説明会では、経済産業省、文部科学省、厚生労働省、(独)製品評価技術基盤機構(NITE)より、名古屋議定書の国内措置をはじめ、カルタヘナ法第二種(研究開発及び産業)使用の実施に際して必要な概要説明と運用改善、申請に際しての留意点等について説明されます。個別相談をご希望の方は、申込フォームに相談の概要をご入力下さい。

開催日時 2018年1月24日(水)
14:00~17:30
会場 アットビジネスセンター東京駅八重洲通り 501号室
定員 180名  ※席数を増やしました
主催 (一財)バイオインダストリー協会
備考 ※各報告時間には5分間の質疑応答時間を含みます。
※個別相談をご希望の方は、WEBからのお申込みの際にご希望の相談宛先、相談概要等をご入力ください。
 例: 「経産省 申請書類の入力方法について」
※本説明会は、経済産業省の平成29年度委託事業「生物多様性総合対策事業」の一環として開催されます。

プログラム

14:00~14:05 はじめに
14:05~14:20 「生物多様性条約に関する国際動向(名古屋議定書の国内措置を含む)」
小林 麻子 氏(経済産業省 商務情報政策局 商務・サービスグループ 生物化学産業課 生物多様性・生物兵器対策室 課長補佐)
14:20~14:35 「ABS指針第5章に係る書類発給業務について」
坂本 俊一 氏((独)製品評価技術基盤機構(NITE) バイオテクノロジーセンター 国際事業推進課 主査)
14:35~15:05 「カルタヘナ法に基づく研究開発段階における第二種使用等について」
太田桐 佳世子 氏(文部科学省 研究振興局 ライフサイエンス課 生命倫理・安全対策室 事務官)
15:05~15:30 「医薬品分野での第二種使用等に関する法規制について」
黒岩 健二 氏(厚生労働省 医薬・生活衛生局 医療機器審査管理課 再生医療等製品基準係長)
15:30~15:40 休憩
15:40~16:05 「カルタヘナ法第二種産業使用(鉱工業等)の概要について」
末廣 祥平 氏(経済産業省 商務情報政策局 商務・サービスグループ 生物化学産業課 生物多様性・生物兵器対策室 審査係)
16:05~16:30 「第二種使用等(鉱工業等)の申請書の記載方法について」
深井 理恵子 氏((独)製品評価技術基盤機構(NITE) バイオテクノロジーセンター 国際事業推進課 安全審査室 主任)
16:30~16:40 総合質疑・討論
16:40~17:30 個別相談会 (対応: 経済産業省、NITE、厚生労働省)

参加方法

参加費 無料 (JBA会員・非会員によらずご参加いただけます。)
お申し込み 下記フォームより、お申込み下さい。
お問い合わせ 〒104-0032
東京都中央区八丁堀2-26-9 グランデビル8階
(一財)バイオインダストリー協会
TEL:03-5541-2731
(担当:村山、川嶋)

1月22日17時をもって、申込み受付を終了しました。

記事一覧へ戻る