【大阪会場】カルタヘナ法説明会「カルタヘナ法の概要と研究開発・産業利用の留意点及び運用改善の周知」

 今年は、鉱工業利用分野での新たな申請制度が開始されるとともに、名古屋議定書が国内で発効し、利用国遵守措置(指針)が施行される大きな動きのある年となりました。
本説明会では、経済産業省、厚生労働省、(独)製品評価技術基盤機構(NITE)より、名古屋議定書の国内措置をはじめ、カルタヘナ法第二種(研究開発及び産業)使用の実施に際して必要な概要説明と運用改善、申請に際しての留意点等について説明されます。個別相談をご希望の方は、申込フォームに相談の概要をご入力下さい。

開催日時 2018年1月26日(金)
14:00~17:00
会場 大阪科学技術センター 405号室
定員 60名
主催 (一財)バイオインダストリー協会
備考 ※各報告時間には5分間の質疑応答時間を含みます。
※個別相談をご希望の方は、WEBからのお申込みの際にご希望の相談宛先、相談概要等をご入力ください。
 例: 「経産省 申請書類の入力方法について」
※本説明会は、経済産業省の平成29年度委託事業「生物多様性総合対策事業」の一環として開催されます。

プログラム

14:00~14:05 はじめに
14:05~14:20 「生物多様性条約に関する国際動向(名古屋議定書の国内措置を含む)」
小林 麻子 氏(経済産業省 商務情報政策局 商務・サービスグループ 生物化学産業課 生物多様性・生物兵器対策室 課長補佐)
14:20~14:35 「ABS指針第5章に係る書類発給業務について」
坂本 俊一 氏((独)製品評価技術基盤機構(NITE) バイオテクノロジーセンター 国際事業推進課 主査)
14:35~15:00 「医薬品分野での第二種使用等に関する法規制について」
黒岩 健二 氏(厚生労働省 医薬・生活衛生局 医療機器審査管理課 再生医療等製品基準係長)
15:00~15:25 「カルタヘナ法第二種産業使用(鉱工業等)の概要について」
小林 麻子 氏(経済産業省 商務情報政策局 商務・サービスグループ 生物化学産業課 生物多様性・生物兵器対策室 課長補佐)
15:25~15:50 「第二種使用等(鉱工業等)の申請書の記載方法について」
資延 淳二 氏((独)製品評価技術基盤機構(NITE) バイオテクノロジーセンター 国際事業推進課 安全審査室 主査)
15:50~16:00 総合質疑・討論
16:00~17:00 個別相談会 (対応: 経済産業省、NITE、厚生労働省)

参加方法

参加費 無料 (JBA会員・非会員によらずご参加いただけます。)
お申し込み 下記フォームより、お申込み下さい。
お問い合わせ 〒104-0032
東京都中央区八丁堀2-26-9 グランデビル8階
(一財)バイオインダストリー協会
TEL:03-5541-2731
(担当:村山、川嶋)

お申込みフォーム

○○(株)、(独)××など、組織に属してない方は個人とご記入下さい。

(株)、(独)など省いて(個人の場合にはコジンと)ご記入下さい。

入力例:0312345678


会員の種別必須

個別相談会をご希望の方は、ご希望の省庁をお選びください。(複数選択可)

ご記入頂いた個人情報は、本セミナーに関する申込者との連絡の他、JBAからの情報提供に利用させて頂きます。ご案内が不要の場合は、JBAからのお知らせの「案内不要」にチェックしてください。

JBAからのお知らせ

※確認画面からお申込み情報を送信される際、「この内容で送信する」ボタンは1回のみクリックしてください。

記事一覧へ戻る