【報告】バイオインダストリー奨励賞受賞者企画セミナー「もう一つの臓器、腸内細菌叢の機能に迫る」

 新年度が始まる4月になり花冷えの日が続きましたが、ようやく春らしい気候が戻ってきた4月5日に、バイオインダストリー奨励賞受賞者企画セミナー「もう一つの臓器、腸内細菌叢の機能に迫る」を開催しました。
 本企画は、バイオインダストリー奨励賞を受賞された研究者の研究が、これからのバイオテクノロジーの新時代を拓き、世界を創るものとして発展していくことを願って行うものであり、奨励賞受賞者に、その最先端の研究についてセミナーを企画していただくことといたしました。
 記念すべき第1回目は、「第1回バイオインダストリー奨励賞」受賞者10名のうちのお一人、福田 真嗣氏(慶應義塾大学先端生命科学研究所 特任教授)に企画をお願いし、腸内細菌叢の研究に携わる6名の若手研究者にご講演をお願いしました。
 当初は、JBAの会議室で開催予定でしたが、座席はすぐに予約でいっぱいになってしまったことから、急遽広い会場(TKP東京駅八重洲カンファレンスセンター)を用意しましたが、こちらも早々に満席となってしまいました。満席のため参加できなくなられた方には、この場を借りてお詫び申し上げます。

 企画者である福田先生の司会の元、下記の講演が行われました。
 ■セミナーの要旨集は こちら(PDF:688KB)

1.Kim.JPG
・金 倫基 氏 (慶應義塾大学薬学部創薬研究センター 教授)
「抗肥満作用を発揮する腸内細菌由来代謝物の探索」

2.Nishiyama.JPG
・西山 啓太 氏(慶應義塾大学医学部微生物学・免疫学教室 講師)
「ビフィズス菌の宿主腸内における共生機構」

3.Ikeda.JPG
・池田 和貴 氏(かずさDNA研究所 臨床オミックス解析施設 ユニットリーダー)
「腸内細菌を介した脂質代謝クロストークと疾患」

4.Yamada.JPG
・山田 拓司 氏(東京工業大学生命理工学研究院 准教授)
「大腸がん発がん過程の腸内環境ダイナミクス」

5.Sasaki.JPG
・佐々木 伸雄 氏(慶應義塾大学医学部消化器内科 特任助教)
「オルガノイドが紐解く腸内細菌-宿主上皮細胞の相互作用メカニズム」

6.Ishikawa.JPG
・石川 大 氏(順天堂大学消化器内科 准教授)
「大腸難病疾患に対する抗生剤併用便移植療法」

7.Fukuda.JPG
・福田 真嗣 氏(慶應義塾大学先端生命科学研究所 特任教授)
「メタボロゲノミクスによる腸内細菌叢の機能理解とその制御」

question.JPG

質疑応答時間が5分と限られた中、各演題ともに活発な議論がなされ、さらに講演終了後の名刺交換会でも、人の列が途切れることなく、時間いっぱいまで議論が交わされました。「腸内細菌」に関する分野の関心の高さが窺えたセミナーであり、新たな共同研究の始まりも期待させるものでした。

本企画は、当面は年に1回の開催となりますが、来年も奨励賞受賞者の方に、企画をお願いする予定です。

shugou.JPG

最後に、4月22日(月)まで、第3回バイオインダストリー大賞・奨励賞の応募を受け付けております。是非、JBAホームページをご覧いただき、積極的な応募・推薦をお待ちしております。

リンク:第3回バイオインダストリー大賞・奨励賞

記事一覧へ戻る