一般財団法人 バイオインダストリー協会

JBA

ライブラリ

機関誌「バイオサイエンスとインダストリー(B&I)」

「バイオサイエンスとインダストリー(B&I)」は(一財)バイオインダストリー協会(JBA)が隔月で発行している機関誌です。 機関誌B&Iでは、飛躍的に発展するバイオサイエンスの最新情報を、バイオに携わる最前線の研究者が丁寧に解説しています。

バイオテクノロジーは、医薬、ヘルスケア、医療機器、食品、化学、エネルギー、環境等、広範な分野で使われています。B&Iは、基礎研究、応用研究だけでなく、産業化への展開などのテーマも数多く取りあげ、バイオ関連産業を担う企業やアカデミアの研究者、政策立案を行う官公庁の担当者、その他さまざまな方に購読いただいています。
B&IはJBA法人会員、個人会員ご入会の方に無料でご提供しております。会員以外で購読をご希望の方は、1冊からご購入いただけます。この機会に、JBAご入会、B&Iご購読をぜひご検討ください。

機関誌 (B&I)の購読についてはこちら

最新号目次

2018 VOL.76 NO.1


巻頭言

◆我が国バイオ産業の反転攻勢に向けて(江崎禎英)



目で見るバイオ

◆深海エビに摂食された腸内細菌を見る(和辻智郎)

キーワード
細菌食、外部共生菌、腸内細菌、追跡実験

◆オートファジーで運ばれるタンパク質の構造(野田展生)

キーワード
X 線結晶構造解析、電子顕微鏡、高速原子間力顕微鏡



総説


◆オートファジーを制御するタンパク質群の構造と機能(野田展生)
Structure and function of autophagy-regulating proteins

要旨
オートファジーの最大の特徴はオートファゴソームの新生を伴う点であり、サイズも形状も多様な細胞内物質を時には選択的に分解している。構造生物学的研究の進展により、オートファジーを制御するAtg タンパク質群の構造基盤の確立が進み、飢餓時のオートファゴソーム形成場の構築機構、Atg 結合系の反応機構、選択的オートファジーにおける選択性の発現機構などが徐々に明らかとなってきた。

キーワード
オートファジー、オートファゴソーム、Atg タンパク質、ユビキチン様結合系

◆糸状菌テルペン環化酵素遺伝子のゲノムマイニングによる新規天然物の生産(南 篤志・尾﨑太郎・劉 成偉・及川英秋)
Production of novel secondary metabolites by genome mining of the fungal terpene cyclases

要旨
近年、麴菌を宿主とした異種発現系を用いた糸状菌由来天然物の生産が活発に行われている。本手法はあらゆるタイプの天然物の生産に適用できることから、ゲノム上に発見されながら、発現しないため何を生産するか不明な天然物の設計図を使った物質生産(=ゲノムマイニング)にも利用されつつある。本稿では、特徴的な環構造と興味深い生物活性をもつ化合物群(ジテルペン/セスタテルペン)の生産について紹介する。

キーワード
糸状菌、セスタテルペン、二機能性環化酵素、ゲノムマイニング




解説


◆大量の油脂を生産する微細藻類ナンノクロロプシス(信澤 岳・太田啓之)
Oil biosynthesis in the microalga Nannochloropsis

要旨
藻類由来バイオ燃料の実用化が期待されている。筆者らは最近、油脂高生産藻ナンノクロロプシスの高い油脂生産を支える仕組みの一端を解明した。本稿では、その研究の現状と、燃料や有用脂質生産の実用化にむけた展望を解説する。

キーワード
バイオ燃料、微細藻類、ナンノクロロプシス、トリアシルグリセロール、油滴

◆異種タンパク質生産に有用なC1 酵母のメタノールセンシング機構(由里本博也・大澤 晋・阪井康能)
Methanol-sensing machinery in the methylotrophic yeast used for heterologous protein production

要旨
強力なメタノール誘導性遺伝子発現能をもつメタノール資化性酵母(C1酵母)は、異種タンパク質生産能に優れている。本稿では、筆者らが最近明らかにしたC1酵母のメタノールセンシング 機構について解説する。

キーワード
異種タンパク質生産、メタノール、遺伝子発現制御、シグナル伝達、Wscファミリータンパク質




トピックス


◆腸内細菌叢の改善により発揮される寒天由来オリゴ糖の機能(東村泰希・内藤裕二)
Beneficial functions of agaro-oligosaccharides emerged from modulation of intestinal environment

キーワード
アガロオリゴ糖、大腸がん、腸内細菌叢、胆汁酸代謝

◆深海で営まれる未知の"農業" 餌を自家栽培するエビ(和辻智郎)
Unrecognized 'agriculture' in deep-sea - a galatheid crab cultivating epibiotic bacteria -

キーワード
深海熱水噴出域、化学合成細菌、生育促進、農業

◆ヒストン脱アセチル化酵素阻害剤トリコスタチンAの生合成機構(工藤慧・葛山智久)
Biosynthetic machinery for the histone deacetylase inhibitor trichostatin A

キーワード
ヒストン脱アセチル化酵素阻害剤、放線菌、生合成、ヒドロキサム酸、生体触媒

◆セルロース分子を繋ぎ換える酵素の発見(西谷和彦)
A novel enzyme reconnecting cellulose chains

キーワード
細胞壁、セルロースエンド型転移酵素(CET)、XTH、GH_16

◆バイオミネラリゼーションを模倣したレアアースの選択的回収(畠中孝彰・石田亘広)
Selective recovery of the rare earth elements inspired by biomineralization

キーワード
biomineralization、peptide、rare earth

◆効率的な多段階酵素反応を実現する分子コンビナート(中田栄司・森井 孝)
An efficient cascade reaction by spatially organized enzymes

キーワード
DNAナノテクノロジー、DNA結合性タンパク質、タグタンパク質、多段階酵素反応、分子コンビナート

◆酢酸で植物の乾燥耐性を強化する(金 鍾明・関 原明・藤 泰子)
Enhancement of plant drought tolerance with acetic acid

キーワード
環境応答、乾燥耐性、クロマチン、代謝、植物ホルモン




学会見聞記

◆日本生物工学会大会(林 和之・羽城周平・萩原佑介・臼田佳弘)



バイオの窓

◆本格焼酎の魅力(水光正仁)



シリーズ

日本バイオの技と粋(1)
◆特集を組むにあたって(穴澤秀治)

◆KEGG データベース(金久 實)



特集

JBA知財委員会WG活動成果報告
◆産学連携と大学ベンチャーキャピタル ~"死の谷"克服のためのパートナーとして~(徳田裕人・原田 泉・安福一恵・古高秀一・芳野 智・成田涼一・小山直人・秋元 浩)




産業と行政

リスクアナリシスで考える食の安全(畝山智香子)




国際動向

◆BBNJ 新協定 -海洋遺伝資源を巡る議論の背景、現状および今後の見通し-(長沼善太郎)

◆バイオ医薬品プロセス関連技術についての海外動向調査(2)(渡邊正人)




JBAニュース

◆BioJapan 2017/再生医療JAPAN 2017 報告

◆第1回バイオインダストリー大賞、バイオインダストリー奨励賞表彰式・記念講演会を開催!

JBA 新資源生物変換研究会シンポジウム
◆健康とモノづくりへの腸内細菌活用の最前線(松山彰収・石井正治・安枝 寿・髙木 忍)

◆JBA発酵と代謝研究会 平成29年度第1回勉強会(清水 浩)


バックナンバーはこちら

機関誌 (B&I)の購読

「バイオサイエンスとインダストリー(B&I)」は、発刊時にJBAの会員にお送りしています。
1冊単位でも販売致します。

【ご購入価格】
1冊 2,000円(税抜き)
6冊 11,000円(税込み) ※年間購読は割安となっております。

ご購入につきましては、下記にお問い合わせください。

株式会社毎日学術フォーラム

〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル2F 東コア
TEL:03-6267-4550 FAX:03-6267-4555
Email:maf-sales@mycom.co.jp

ご入会に関するお問い合わせはこちら

「バイオサイエンスとインダストリー(B&I)」までの道のり

酒精協会誌(1942年~1943年、第1巻)

JBAの前身は、1942年に創設された任意団体「酒精協会」で、第1巻第1号「酒精協会誌」は同年4月に発刊されました。しかし、当時の印刷用紙は配給制であったため、第1号第7巻~第12巻は2号合本で作製されたようです。

醗酵協会誌(1943年~1974年、第2巻~第33巻)

酒精協会は、1943年(昭和18年)に財団法人に認可、改称し、新たに「財団法人発酵協会」として活動スタートしました。それに伴い、「酒精協会誌」は「醗酵協会誌」として改題され、第2巻を発刊しましたが、戦中・戦後という時代の中で1948年(昭和23年)までは、複数号の合本での発刊、休刊が続きました。苦難の5年間を乗り越え、1949年(昭和24年)からは、6年ぶりに毎月発刊できるまでになりました。

発酵と工業(1975年~1988年、第34巻~第46巻)

1975年、「財団法人発酵工業協会」へと改組され、協会の新発足を機に、機関誌も「発酵と工業」と改題されました。
 1983年には発酵工業協会内に、バイオインダストリーの振興とその健全な発展に寄与するため、「バイオインダストリー振興事業部(Bioindustry Development Center)」が開設されました。その後、1987年、発酵工業協会とその特別部会であるバイオインダストリー振興事業部とを発展的に改組、「財団法人バイオインダストリー協会(Bioindustry Development Center)」となりました。

バイオサイエンスとインダストリー(1988年~ 、第46巻~ )

「発酵と工業」、「BIDEC NEWS」の統合を行い、1988年4月より「バイオサイエンスとインダストリー」が生まれました。

ページトップへ戻る