一般財団法人 バイオインダストリー協会

JBA

ライブラリ

バイオインダストリー協会賞受賞者一覧

バイオインダストリー協会賞受賞者一覧

有馬啓記念バイオインダストリー協会賞の趣旨を継承・発展させるためにバイオ分野における自然科学の研究業績のみならずバイオインダストリーの発展に貢献する社会科学・人文科学分野の優れた業績も対象として、平成19年度(2007年)よりバイオインダストリー協会賞と改称いたしました。

※所属は受賞当時

平成28年度(第27回)

  • 五味 勝也(東北大学)
    「麹菌の遺伝子工学研究の基盤形成と遺伝子発現制御解析に基づく応用技術開発」

平成27年度(第26回)

  • 菊地 和也(大阪大学)
    「生体内の分子・細胞挙動を可視化する化学プローブのデザイン・合成・生物応用」
  • 渡邉 一哉(東京薬科大学)
    「環境バイオテクノロジーの発展及び普及」

平成26年度(第25回)

  • 水口 裕之(大阪大学)
    「ヒトiPS細胞から肝細胞への高効率分化誘導法の開発とその実用化に関する研究」

平成25年度(第24回)

  • 池田 治生(北里大学)
    「有用物質生産における次世代基盤技術の開発」

平成24年度(第23回)

  • 小林 達彦(筑波大学)
    「微生物代謝の分子機構と物質生産への機能開発」

平成23年度(第22回)

  • 熊谷 博道(旭硝子(株))
    「分裂酵母による有用タンパク質生産技術開発とその事業化」

平成22年度(第21回)

  • 植田 充美(京都大学)
    「細胞表層工学の開発とバイオテクノロジーへの展開」

平成21年度(第20回)

  • 吉田 稔(理化学研究所)
    「微生物由来抗がん活性物質の作用機序解明に基づく創薬基盤研究」
  • 太田 啓之、中村 聡、三原 久和、梶原 将(東京工業大学)
    「学生による教材開発を通じて人材育成と社会貢献を行う新しいプログラムの実施」

平成20年度(第19回)

  • 浅野 泰久(富山県立大学)
    「新しい酵素反応の開発と産業利用に関する研究」
  • 大竹 久夫(大阪大学)
    「微生物のリン酸代謝に関する基礎研究と資源環境分野への 応用」

平成19年度(第18回)

  • 長田 裕之(理化学研究所)
    「バイオプローブを基盤とする化学生物学研究」

有馬啓記念バイオインダストリー協会賞受賞者一覧

有馬啓記念バイオインダストリー協会賞は、当協会初代会長故有馬啓先生(東京大学名誉教授)の研究・教育における偉大な業績を記念して、平成2年度から平成18年度まで授与された。

※所属は受賞当時

平成18年度(第17回)

  • 遠藤 弥重太(愛媛大学)
    「実用的な無細胞タンパク資合成法の確立と、ポストゲノム時代のバイオ産業技術開発への応用」
  • 田畑 和彦、小田 秀樹、西村 哲夫、池田 創、矢ヶ崎 誡、橋本 信一(協和発酵工業(株))
    「新規ジペプチド合成酵素の発見と効率的なジペプチド発酵技術の確立」

平成17年度(第16回)

  • 横関 健三(味の素(株))
    「新規酵素を用いる工業的ペプチド新製法の開発」
  • 設楽 研也、佐藤 光男、内田 和久、中村 和靖(協和発酵工業(株))
    「糖鎖改変による抗体機能の向上に関する研究」

平成16年度(第15回)

  • 堀之内 末治(東京大学)
    「放線菌機能の制御、発掘、応用に関する研究」
  • 山本 憲二(京都大学)
    「微生物の糖質分解酵素を活用した糖鎖工学技術の開発とその応用」

平成15年度(第14回)

  • 清水 昌(京都大学)
    「油糧微生物の探索・開発・育種と機能性脂質生産への利用に関する研究」

平成14年度(第13回)

  • 祥雲 弘文(東京大学)
    「真菌脱窒系の発見とP450norの 構造・機能相関解明」
  • 新名 惇彦(奈良先端科学技術大学院大学)
    「植物バイオテクノロジーの基礎および開発研究」

平成13年度(第12回)

  • 今中 忠行(京都大学)
    「極限環境微生物の探索と利用」
  • 鷲津 欣也、梅田 幸一(天野エンザイム(株))、本木 正雄、丹尾 式希(味の素(株))
    「微生物トランスグルタミナーゼの工業的開発」

平成12年度(第11回)

  • 浅島 誠(東京大学)、江藤 譲(味の素(株))
    「アクチビンの発見と細胞分化および臓器形成における基礎的研究」
  • 藤尾 達郎、丸山 明彦、森 英郎(協和発酵工業(株))
    「ATP再生系を組み込んだ有用物質の新規な生産法」

平成11年度(第10回)

  • 小林 猛(名古屋大学)
    「生物機能を利用して工業生産するための基礎的工学技術の研究開発」
  • 薮崎 義康、金子 秀雄(住友化学工業(株))
    「ヒト肝チトクロムP450を発現する組換え体酵母の薬物代謝研究への応用」

平成10年度(第9回)

  • 谷 吉樹(奈良先端科学技術大学院大学)
    「微生物の新機能の探索とその活用」
  • 今泉 厚、鈴木 洋二(帝人(株))、銀永 明弘((財)化学及血清療法研究所)
    「シクロデキストリンの添加による百日咳菌培養への培養工学的応用 -百日咳菌無細胞ワクチンの効率的製造法の確立-」

平成9年度(第8回)

  • 高木 正道(東京大学)
    「地球環境中の有機化合物の代謝・循環に関与する微生物から得た有用遺伝子の解析と利用」
  • 尾崎 明夫、森 英郎、柴崎剛(協和発酵工業(株))
    「立体及び位置特異的プロリン水酸化酵素の開発とその応用」

平成8年度(第7回)

  • 魚住 武司(東京大学)
    「分子細胞学的手法にもとづく生物生産の増強に関する基盤研究」

平成7年度(第6回)

  • 山崎 眞狩(東京大学)
    「微生物利用技術の基礎研究」
  • 江井 仁、中沢 英次、土田 隆康、滑川 俊雄(味の素(株))、熊谷 英彦(京都大学)
    「L-ドーパの酵素的合成法の開発と実用化」

平成6年度(第5回)

  • 矢内 頴、植田 吉純、桜井 徹(東レ(株))
    「遺伝子組換え技術による昆虫を用いたネコインターフェロン生産基盤技術の確立」

平成5年度(第4回)

  • 植村 南海男((株)アイ・エス・ジャパン)、加藤 恒一、田岡 映、渡辺 章夫((株)日鉱共石)
    「発酵法による長鎖二塩基酸製造プロセスの工業化」
  • 土居 宗晴、朝日 知、伊澤 幹夫(武田薬品工業(株))
    「ピリミジンヌクレオシドの発酵生産に関する研究」

平成4年度(第3回)

  • 大嶋 泰治(大阪大学)
    「酵母の分子育種に関する研究」
  • 内藤 敦、岩藤 誠吾、寺原 昭、辻田 代史雄(三共(株))
    「高脂血症治療薬プラバスタチンの開発」

平成3年度(第2回)

  • 堀越 弘毅(東京工業大学)
    「好アルカリ性微生物の発見とその利用、特にアルカリ酵素利用技術の開発について」
  • 湯川 英明、寺沢 真人(三菱油化(株))
    「非溶菌性のコリネ型細菌を用いた新規なパイオプロセスの開発-L-アスパラギン酸等への工業的応用-」

平成2年度(第1回)

  • 水島 昭二(東京大学)
    「細菌におけるタンパク質の膜透過・分泌の分子構造に関する生化学的研究」
  • 光木 浩司、源 良樹(味の素(株))
    「加熱殺菌可能無血清培地の開発」
ページトップへ戻る